龍一の母・宮本浪子を演じる角替和枝 嫁姑バトル勃発も、蓮子は楽しそう?

スポンサードリンク

8月4日(月)放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」より。宮本龍一(中島歩)と一緒に暮らし出した蓮子(仲間由紀恵)に、新たな「天敵」が現われました。

震災をきっかけにようやく「葉山家」の呪縛から解き放たれ、晴れて(?)平民の身となった蓮子。龍一、純平とともに過ごす、ささやかながらも幸せな生活が始まります。

蓮子の新たな難関は嫁姑バトル?

葉山家や嘉納(伝助)家で抑圧されていた頃に比べ、明らかに柔和な表情となっている蓮子ですが、全く敵が居なくなったわけではありません。宮本家には家族三人の他にもう一人、口うるさい姑である宮本浪子(角替和枝)が同居しているのです。

浪子は宮本家の実権を握っており、華族育ちで家事がまったく出来ない蓮子にきつく当たります。

もはや華族ではなくなった蓮子に対し、浪子は「こちらも平民として扱わせて頂きます」と宣言。「蓮子さんに家事一切任せて、わたしは楽隠居させてもらうから。しっかりおやりなさい」と嫌がらせなのか親心なのか、蓮子に対して家事の指導を始めます。

鈍臭く怒られる蓮子 でも何だか楽しそう?

浪子は、案の定モタモタ、ノロノロと家事を行なう蓮子に対し「遅い!いらいらするー!」とお怒りの様子。蓮子に終始苦言を呈するのですが、それを聞く蓮子はどこか楽しそうな(?)穏やかな顔。

これまで実兄・晶貴(飯田基祐)に非人間的に虐げられ生きてきた蓮子にとって、浪子の小言など小さな事なのかも知れません。

宮本浪子を演じる角替和枝 夫は柄本明

宮本浪子を演じる角替和枝は、劇団東京乾電池(※)に所属する女優さん。夫は東京乾電池で座長も務める俳優の柄本明です。

柄本と角替の間には三人の子供が居り、長男の柄本佑、次男の柄本時生は若いながらも個性派俳優として活躍しています。

※豆知識:宇田川満代役で「花子とアン」に出演中の女優・山田真歩は、かつて東京乾電池の研究生でした。

「おばさん女優の鑑」

角替はかつて、つかこうへい事務所に所属。その後東京乾電池に移り、数多くの舞台、テレビドラマ、映画等に出演しています。

特に近年では「小ウルサイおばさん」を演じさせると素晴らしいパフォーマンスを発揮することから「おばさん女優の鑑」と言われているとか。確かに、風貌からして絵に描いたような中年女性の典型といった感じで、持ち前の演技力によって各方面で引く手数多となるのも頷けます。

浪子さんがいい人にしか見えない…

今回の「花子とアン」で角替が演じる姑・宮本浪子ですが、8月4日放送分を見た限りでは小ウルサイだけであり、明らかに「いい人」に見えました。皆さんはどう感じられましたか?

少なくとも、前作「ごちそうさん」で西門和枝(キムラ緑子)が見せたような「狂気」は持ち合わせていないような…。

今後、蓮子は安東かよ(黒木華)に指導を仰ぎ、家事の特訓を始めるようです。しばらくは蓮子と浪子のノホホンとした嫁姑バトルが楽しめそうな予感がします。浪子が実は極悪人だった、という展開は恐らくないと思われます…。

関連記事
悪人?善人?花子とアン「感じが悪い」登場人物一覧
「花子とアン」宮本龍一を演じるのは中島歩 美輪明宏に才能を見出された若手俳優
「末代まで一言の弁明も無用!」嘉納伝助が見せた男気に賞賛の声!
白蓮・宮崎龍介(蓮子・龍一のモデル)の子供が辿る人生とは?長男・長女を授かる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑