醍醐さんは50歳だった!「花子とアン」昭和18年当時の年齢一覧

スポンサードリンク

この記事では、NHK連続テレビ小説「花子とアン」に登場する主な人物の昭和18年(第24週)現在の「年齢一覧」をまとめます。

シンガポールから帰還した醍醐さんの年齢は?

従軍記者としてシンガポールに行っていた醍醐さん(高梨臨)がすっかりヤツレて帰ってきましたが相変わらず可愛らしいので、一体何歳なんだ?との疑問もあり、調べてみました笑。

※各人物の年齢はドラマ内から推測したもの、それに物語の原案である「アンのゆりかごー村岡花子の生涯」(新潮文庫)の実在人物を参考にした推測も含まれますので、プラスマイナス1,2歳の前後はあるかも知れません。

昭和18年(1943年)当時の登場人物推定年齢(おおよそ)

村岡家の人々

村岡英治(鈴木亮平) 56歳
村岡花子(吉高由里子) 50歳
村岡美里(三木理紗子) 10歳

安東家の人々

安東吉平(伊原剛志) 84歳
安東ふじ(室井滋) ?歳
安東吉太郎(賀来賢人) 51歳
安東かよ(黒木華) 48歳

益田家の人々

益田旭(金井勇太) ?歳
益田もも(土屋太鳳) 44歳
益田直子(志村美空) 5歳

宮本家の人々

宮本蓮子(仲間由紀恵) 58歳
宮本龍一(中島歩) 51歳
宮本純平(大和田健介) 21歳
宮本富士子(芳根京子) 17歳

その他登場人物

醍醐亜矢子(高梨臨) 50歳
嘉納伝助(内藤鋼太郎) 83歳
(※モデルの伊藤伝右衛門は1947年に亡くなっている)
木場朝市(窪田正孝) 50歳
徳丸武(矢本悠馬) 50歳

関連記事
最終回でついに「腹心の友」に認定された醍醐さんが嬉しそう
醍醐亜矢子と吉太郎がついに結婚?終戦後、再会する二人(ネタバレあり)
醍醐さんが従軍記者としてシンガポールへ!難攻不落の戦場で見たものは…
「花子とアン」登場人物年齢一覧 はな、蓮子、英治の年齢差は?
大正時代の平均初婚年齢・適齢期は?「花子とアン」若者の未婚っぷりに疑問?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑