「花子とアン」はながコピペ・盗作したスコット先生の手紙の内容とは

スポンサードリンク

4月11日(金)放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」第11話より。

ブラックバーン校長に手紙を書く宿題

安東はな(山田望叶)は修和女学校の授業で「ブラックバーン先生に手紙を書く」という課題を出されます。しかし、父から教わった「グッドモーニング」程度の英語しかわからないはな。はなは給費生であるため、この課題がクリアできなければ「落第」→「退学」となってしまいます。

スコット先生の手紙を丸写し

困り果てたはなは、掃除当番として出入りしているスコット先生(ハンナ・グレース)の部屋で見つけた手紙(スコット先生の元恋人宛)を、書き出し部分だけ「Dear Miss Blackburn」と変えて丸写し。そのまま提出してしまいます。

教師陣一同が揃い、課題の評価を発表する日。クラス全員が合格と聞き安心するはなでしたが、はなが最高点だと発表されると、クラスに不穏な空気が流れます。そしてブラックバーン校長は、はなが「書いた」英語の手紙を朗読し始めます。

親愛なるブラックバーン校長先生へ

わたしがどれくらい先生を愛しているかを申し上げるために、
お便りしようと思います
わたしは先生に永久にお仕えしようと思っています
あなたは大変美しい
あなたに出会ってから
あなたを思わなかった日は一日もありません
わたしは一日中あなたのことを思っています
親愛なる貴方へおやすみのキスをお贈りします

はなが書いたにしては明らかに流暢な詩文のような手紙。ブラックバーン校長による朗読が教室に響くと、スコット先生は体調が悪くなり退出してしまいます。

追い込まれたはながとった行動とは

ブラックバーン校長は「本当にあなたが書いたんですか?答えなさい!」「では、今ここで英語でスピーチを!」と、はなに詰め寄ります。

窮地に陥ったはなは、咄嗟にスコット先生が夜に窓辺で歌っていた英語歌「The Water Is Wide」をそらで歌い上げ、この窮地を乗り切ります。抜群の記憶力、耳の良さ(リスニング力)を見せたはなですが、スコット先生を傷つけてしまったことを深く後悔し、直接謝罪を行なうことになります。

この一連の事件によって、はなはブラックバーン校長から謹慎を食らい、その後本気で英語の勉強を始めることになります。

関連記事
「花子とアン」スコット先生の美しい歌「The Water Is Wide」その歌詞と意味

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

軍師官兵衛 サブカル わろてんか ごちそうさん あさが来た 女優 ヒストリア 花燃ゆ やすらぎの郷 食文化 大阪 下町ロケット 東京都北区赤羽 音楽 マッサン 歴史 タモリ倶楽部 花子とアン まれ 真田丸 美女と男子 朝ドラ アイドル 陸王 地域文化 べっぴんさん あまちゃん 醸造 トットちゃん! NHK 天皇の料理番 釣りバカ日誌 ロケ地 ブラタモリ とと姉ちゃん ひよっこ ナポレオンの村 視聴率 俳優 ドラマ
PAGE TOP ↑