「花子とアン」第4週平均視聴率は21.9% 「ごちそうさん」に匹敵する推移

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」の第4週目の週間平均視聴率が判明しました。(数字はいずれも関東地区、ビデオリサーチ社調べより)

第4週は21.9% 高い視聴率を維持

4月21(月)〜26日(土)までの第4週「嵐を呼ぶ編入生」の週間平均視聴率は21.9%で、前週・第3週(4月14~19日)「初恋パルピテーション!」の22.0%から、わずか0.1ポイントながらダウンしました。

「花子とアン」の週間平均視聴率は第1週目から順に4週目まで21.6%→21.5%→22.0%→21.9%で、開始から4週続けて21%超え。

「ごちそうさん」とほぼ同水準の視聴率推移

高視聴率が話題になった前作「ごちそうさん」の第1週目から4週目までの視聴率が21.1%→21.2%→21.7%→21.9%でしたので、「花子とアン」はこれとほぼ同水準の高視聴率を維持していることになります。

仲間由紀恵登場で視聴者の注目が集まる

第4週「嵐を呼ぶ編入生」では、安東はな(吉高由里子)が通う修和女学校に8歳年上の謎の編入生・葉山蓮子(仲間由紀恵)が登場。華族の令嬢だという葉山が英語教師・富山タキ(ともさかりえ)を言いくるめたり、はなを使用人のようにこき使ったりと、そのわがままお嬢ぶりが描かれました。

週の後半には、はなが葡萄酒を薬だと葉山に騙されて飲んでしまい、泥酔・退学危機騒ぎも勃発。波乱の週となりました。

吉高と並ぶ「第二のヒロイン」との呼び声もある仲間由紀恵の登場とあって、第4週は視聴者の注目が集まりました。仲間演じる葉山蓮子に対してはネット上で「主人公よりも華があるw」などと高い評価が聞かれました。仲間はさすがの大物女優ぶりと言える存在感を発揮しており、第5週目以降も高視聴率が期待されます。

関連記事
「花子とアン」最高視聴率25.0%を記録 第1〜13週・週間視聴率推移まとめも
「花子とアン」第3週平均視聴率は22.0%に上昇 ヒロイン・吉高由里子登場で加速か
「花子とアン」の第1話視聴率は21.8%、第1週平均は21.6% 山田望叶で好スタート
「花子とアン」6週目は23.1% 週間平均視聴率の最高を記録 葉山蓮子の望まぬ結婚に注目集まる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑