白鳥かをるこが山梨・勝沼の出身だったと衝撃カミングアウト 山梨弁を披露

スポンサードリンク

言語矯正会会長・白鳥かをるこの衝撃告白

5月17日(土)放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」。ついに安東はな(吉高由里子)が修和女学校を卒業する日がやってきたのですが、別れ際に白鳥かをるこ(ハリセンボン・近藤春菜)から衝撃の告白がありました。

白鳥かをるこ様といえば、修和女学校の学生時代から「言語矯正会」の会長を務め、言葉の乱れ、方言、訛りに何よりも厳しい(ウルサい)人。はなも女学校編入早々、山梨弁を何度も注意され、矯正されて来ました。

実は同郷・山梨勝沼出身 はなと初対面時「てっ!」と思ったらしい

そんな白鳥かをるこでしたが、この日の放送では、実は山梨・勝沼の出身だったという衝撃のカミングアウトをしていました。勝沼と言えばはなの故郷・甲府から東へ15kmほど、同じ甲府盆地にある町。ぶどうや勝沼ワインが名産であり、小高い丘からぶどう畑と甲府盆地が一望できる、大変に美しい土地であります。

白鳥「安東はなさん!わたくし、ずっと黙っておりましたが山梨の勝沼の出身でございます」
はな「て!」

衝撃の告白のあと、白鳥さんの甲州弁(山梨弁)が炸裂します。

白鳥「おまんが最初に寄宿舎に来て挨拶したときゃ おらも て! って思ったさ なまりが懐かしくてたまらんで!おらのしごきにも華族のお嬢様たちにも負けんで よく頑張ったじゃんね 甲府けーってもこぴっとやれし!おまんは山梨の誇りじゃん!卒業おめでとう!ほんとにおまんはよく頑張ったじゃんけ!」

近藤春菜は東京・葛飾出身 甲州弁は不自然だった

白鳥を演じる近藤春菜は東京都葛飾区出身。葛飾区は東京23区の東部にあり、現在はかなり薄まったとはいえ、昔ながらの「江戸っ子」「下町言葉」言葉が残る地域です。

普段は「角野卓造じゃねーよ!」などと東京言葉を使う近藤春菜。明らかに棒読み調になった白鳥かをるこの甲州弁でしたが、逆にそのたどたどしさが面白くもあり、本日の良いオチとなっておりました。

関連記事
「花子とアン」の方言・甲州弁(山梨弁)が可愛い「こぴっと」「くりょう!」「てっ」「じゃんね」
卒業式でのブラックバーン校長のスピーチ全文と、はなの和訳
「花子とアン」白鳥かをるこ様(ハリセンボン・近藤春菜)は言語矯正会の会長

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑