安東はなの新作童話「たんぽぽの目」その内容、あらすじとは 村岡花子作の実在の物語

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」第10週(6月2日~6月7日放送)。安東はな(吉高由里子)が小学校の教員を続けながら書き上げた新作童話「たんぽぽの目」が登場します。

この記事では実在する村岡花子作の童話「たんぽぽの目」について説明します。

安東はなが「たんぽぽの目」を書くまでの経緯は、前の記事「安東はなが新作童話『たんぽぽの目』を執筆するまで 葉山蓮子の歌集に刺激を受ける第10週」をご覧下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

美女と男子 朝ドラ あさが来た トットちゃん! 俳優 ナポレオンの村 女優 花燃ゆ わろてんか 下町ロケット 大阪 タモリ倶楽部 あまちゃん ブラタモリ サブカル 歴史 天皇の料理番 真田丸 軍師官兵衛 ロケ地 音楽 釣りバカ日誌 食文化 まれ 花子とアン 東京都北区赤羽 アイドル ごちそうさん 陸王 とと姉ちゃん 地域文化 ドラマ マッサン 醸造 ひよっこ 視聴率 べっぴんさん やすらぎの郷 ヒストリア NHK
PAGE TOP ↑