安東はなの新作童話「たんぽぽの目」その内容、あらすじとは 村岡花子作の実在の物語

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」第10週(6月2日~6月7日放送)。安東はな(吉高由里子)が小学校の教員を続けながら書き上げた新作童話「たんぽぽの目」が登場します。

この記事では実在する村岡花子作の童話「たんぽぽの目」について説明します。

安東はなが「たんぽぽの目」を書くまでの経緯は、前の記事「安東はなが新作童話『たんぽぽの目』を執筆するまで 葉山蓮子の歌集に刺激を受ける第10週」をご覧下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑