【ひよっこ】みね子の「恋人」「結婚相手」候補は…?今後、さまざまな異性に出会っていく

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」では、ヒロイン・みね子(有村架純)がさまざまな人々と出会う "青春模様" が描かれていきます。

そこで気になるのが、お年頃のみね子の恋のお相手が誰なのか…ということでしょう。現時点(5月末)で挙げられる、恋人候補(あるいは将来の結婚相手?)と思われる男性たちを挙げておきます。

みね子の恋人候補、結婚相手候補は…?

①警察官・綿引正義(竜星涼)

みね子の淡い淡い「初恋のお相手」となる、茨城出身の赤坂署巡査・綿引。父・実(沢村一樹)の捜索を懸命に行なってくれる綿引に対し、みね子は信頼感を覚えていきます。

怪我をした父親のために綿引が急遽茨城に帰郷することになると、みね子は綿引に対する恋心とも思える不思議な気持ちに気がつきます。ただし、この時に流れていた劇中挿入歌(コーラス課題曲)「恋はやさし 野辺の花よ」の歌詞には「恋の花びらは 散るが定め…」という部分があり、二人の恋は実らずじまいか…?

【ひよっこ】赤坂の警察官(巡査)綿引正義 演じる竜星涼は期待のイケメン俳優

②幼馴染み・角谷三男(泉澤祐希)

みね子にとって一番身近な異性である、幼馴染みの三男。東京に出てきてからも、時子(佐久間由衣)を含めた三人の友情は続いていきます。

三男は長らく時子に想いを寄せていますが、時に自身の恋心を封印し、落ち込む時子を元気づけます。普段はおどけてばかりいる三男ですが、時折見せる男らしさに対し、みね子が惹かれていくまさかの展開はあるのか…?

8月下旬追記:三男の恋の相手はさおり(伊藤沙莉)と時子にしぼられており、みね子とは長く友人として付き合いが続いていきそう。

【ひよっこ】角谷三男役は期待の俳優・泉澤祐希 「マッサン」「表参道高校合唱部!」に出演

▼三男に恋する米屋の娘・さおりと、"恋敵" 時子の攻防も楽しみです。
【ひよっこ】米屋の娘・安部さおり 演じる伊藤沙莉は「トランジットガールズ」で佐久間由衣と恋人役

③すずふり亭コック・前田秀俊(磯村勇斗)

向島電機の倒産を受けて、洋食屋・すずふり亭で働き始めるみね子。そこで仲良くなっていくのが、見習いコックの「ヒデ」こと前田秀俊です。

ヒデは、向島電機の給料が下がり落ち込んでいたみね子をしきりに気にし、みね子がすずふり亭に採用された時には(自分の仕事量が軽減するという理由で)喜ぶなど、基本的にみね子に対しては好意的。みね子も、父を早くに亡くし、母を楽させようと仕事に没頭するヒデの生き方に共感を示しています。

ただし現在のところ、ヒデは仕事一筋で、みね子の良き先輩といったところ。島谷純一郎がみね子に好意を抱いていることにいち早く気が付くなど、みね子に興味を持っているようにしか見えませんが…。

【ひよっこ・7月14日】ヒデがみね子に恋心を抱いていたことがほぼ確定
【ひよっこ】すずふり亭見習いコック「ヒデ」前田秀俊 演じる俳優は磯村勇斗

8月下旬追記:8月中旬以降の放送で、みね子とヒデが急速に近付いていっています。本命はヒデだったのか…。あるいは再登場するという島谷ともう一波乱あるのか…。
【ひよっこ】ヒデとみね子が結婚すれば丸く収まるのでは?の件について考えてみる

④慶應大学生・島谷純一郎(竹内涼真)

「乙女寮」を退去したみね子が住むことになる、アパート「あかね荘」。その住人である島谷純一郎は、佐賀で大会社を経営する一家の御曹司で、現在は慶応大学の学生です。

二人の初対面は、みね子がバラまいてしまった小銭を偶然居合わせた純一郎が手伝う(というより冷静に拾い方を説教する)という、何とも運命的(?)なシチュエーション。

理屈屋で少々影のある純一郎ですが、次第に純朴なみね子が惹かれていく展開となっていきます。ただし、純一郎はしがらみもある大企業の御曹司であり、好きな気持ちだけで簡単に結婚出来るような相手ではありません。

【ひよっこ】アパート「あかね荘」概要 アパート名由来、住民まとめ

⑤漫画家の卵・坪内祐二(浅香航大)

「マッサン」で鴨居欣次郎(堤真一)の息子・英一郎を演じた浅香航大。今回の役柄・坪内祐二は「あかね荘」に住む漫画家の卵で、相棒の新田啓輔(岡山天音)とともに、燻った日々を過ごしています。

祐二は、人柄は良いのですが夢ばかりが大きい、ちょっとダメな男。演じる浅香航大自身は男前ではありますが、祐二とみね子の間に恋が芽生える可能性は極めて低い…?

慶大生・島谷純一郎が「恋人」 ヒデが猛追…?

以上、恋人となる可能性がある男性メンバーを列挙しましたが、現時点(5月放送)では慶大生・島谷純一郎がみね子の「お相手」として有力です。

二人の運命的(?)な出会いのシーンをわざわざ描くことや、注目の若手俳優である竹内涼真を起用していることなどを見ても、純一郎が重要な役どころであることは間違いなさそう。また、WEBメディアなどでは竹内涼真が有村架純の「相手役」だと報じており、少なくともみね子が純一郎に対して恋をしていく展開があるようです。

ただし、朝ドラは秋まで続く長丁場。そう簡単にヒロインの恋が成就するとは考えにくく、物語序盤からみね子に意味深な視線を向けるコックの「ヒデ」の存在も気になるところ。今後も目が離せない展開が続きそうです。

関連記事
【ひよっこ・7月14日】ヒデがみね子に恋心を抱いていたことがほぼ確定
【ひよっこ・7月5日】みね子を巡り、島谷純一郎とヒデの三角関係の可能性も浮上…?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑