【ひよっこ】女性司会者・藤原小巻(夜の気まぐれショー)まとめ 演じた女優は岡田茜

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で、短時間の登場ながら視聴者に印象を残した「夜の気まぐれショー」の女性司会者・藤原小巻。

この記事では「藤原小巻」という人物と、それを演じた女優、シンガーソングライターの岡田茜(おかだ・あかね)についてまとめます。

「夜の気まぐれショー」名物司会者?

みね子が急遽代役で出演することになった、「東京中央テレビジョン」の人気バラエティー番組「夜の気まぐれショー」。グループサウンズから漫談、ダンスまで、多種多様なエンターテイメントを茶の間に届ける、金曜六時の人気番組です(ドラマの時代は昭和42年)。

この「夜の気まぐれショー」で、男性司会者・水原みちお(茂木淳一)とともに司会を務めていたのが、女性アナウンサー(?)の藤原小巻です。奔放にペラペラとお喋りをする水原みちおに対し、藤原小巻は番組の進行を冷静にコントロールするしっかり者です。

栗原小巻?黒柳徹子?

いかにも「昭和」な雰囲気を醸し出すゴージャスな髪型が目を惹く藤原小巻ですが、演じた岡田茜のブログ(リンク先ブログに藤原小巻のオフショット画像あり。)の文章によれば、「昭和のバラエティ番組のアナウンサーさん、いろんな動画を見たり、スタッフさんに聞いたりして、特徴を研究したりしたんだよーーー」とのこと。

「女子アナ」が現在のようにブランド化、アイドル化したのは1980年代以降ですので、1967年の「夜の気まぐれショー」に出演していた藤原小巻は、現在のいわゆる「女子アナ」のイメージとは違うかも知れません。

NHKの人気番組「夢であいましょう」(1961〜1966年)の初代司会者・中嶋弘子(本業はファッション・デザイナー)や、その後任で1960年代にすでに「女性司会者」として活躍していた黒柳徹子あたりのイメージに、藤原小巻は近いでしょうか。また、「藤原小巻」という名前から連想される実在の女優・栗原小巻(吉永小百合と人気を二分し、そのファンはコマキストと呼ばれた)の往年の雰囲気に似ているようにも思います。

演じたのは、女優・歌手の岡田茜

短時間の出演ながら、昭和感満載で印象的な役柄となった藤原小巻。演じていたのは、女優、シンガーソングライターなどとして活動する岡田茜です。岡田茜のTwitterアカウントのプロフィールによれば、「岡田茜。滋賀県出身のギター弾き語りのシンガーソングライター。女優、MCとしても活動中。」とのこと。

岡田茜は1983年、滋賀県生まれの33歳。もともと芸能事務所「サンミュージック」の新人タレントオーディション・俳優部門に入賞して芸能活動をスタートさせています。

日本舞踊やクラシックバレエなど多彩なダンス経験を有し、ミュージカル女優として舞台に出演するほか、テレビドラマ、CM、バラエティ番組等にも出演(日本テレビ「ものまねバトル☆CLUB」では優勝も経験)。

また、下積みのミュージカル学校時代の盟友・あべなぎさと音楽ユニット「あかなぎ」を結成し、その後もソロ活動を行いシンガーソングライターとしても活動しています。(※本人のブログからも、歌手活動にかなり力を入れていることがわかります)

関連記事
【ひよっこ】「夜の気まぐれショー」(東京中央テレビジョン)出演者、内容、放送時間

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

軍師官兵衛 女優 ヒストリア NHK 天皇の料理番 朝ドラ ロケ地 大阪 東京都北区赤羽 あさが来た 下町ロケット ドラマ 醸造 美女と男子 花子とアン ど根性ガエル タモリ倶楽部 まれ 食文化 歴史 音楽 やすらぎの郷 ブラタモリ 真田丸 映画 アイドル 花燃ゆ マッサン 釣りバカ日誌 サブカル 俳優 あまちゃん ひよっこ とと姉ちゃん 信長協奏曲 地域文化 べっぴんさん ごちそうさん 視聴率 ナポレオンの村
PAGE TOP ↑