【ひよっこ】向島電機・工場 外観ロケ地は静岡県富士市の「小野製紙」

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」第5週(5月1日〜)に登場した「向島電機」の外観ロケ地についてまとめます。

このシーンの外観は、静岡県富士市にある製紙工場で撮影されています。

東京・墨田区の向島電機

上京し上野駅に到着したみね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)は、舎監の永井愛子(和久井映見)に連れられ、その足で墨田区向島にある「向島電機」へと向かいます。

向島電機は東京下町の工場が多い一帯にあり、昭和のニオイが漂う小さな川沿いに社屋、工場が建てられているという設定です。

富士市にある「小野製紙」がロケ地

この向島電機の工場シーンの外観ロケ地として使われたのは、静岡県富士市原田にある「小野製紙(株)」の工場です。※乙女寮、工場内などの敷地内シーンは、スタジオセットです。

静岡県富士市といえば、国内でも有数の製紙産業の拠点。生産用水、工場の動力源としての豊富な水資源を有したことなどから、明治時代から製紙工場が多数建設され、こんにちまで大きく産業が発展してきました。丸富製紙グループに属する小野製紙も富士市の産業を支える工場のひとつです。

「小野製紙」の工場がある富士市原田地区は、湧水が豊富な地区。「ひよっこ」に登場した、昭和テイスト漂う川沿い(滝川)の親水護岸と工場の風景も、町中に水路が巡り工場が林立するこの地域の特徴的な景観といえます。

また、富士市一帯は雄大な富士山を背後にして製紙工場の煙突が林立する独特の景観を形成しています。

▼経年劣化がいい味わいを醸し出す、小野製紙の工場。みね子や澄子らが愛子に連れられて緊張の面持ちで歩いたのが、左奥川沿いに続いている小道。


関連記事
【ひよっこ】日比谷中央公園・噴水シーン ロケ地は神奈川県相模原市の「県立相模原公園」
【ひよっこ】「NHK放送会館」撮影ロケ地は「茨城県庁・三の丸庁舎」(旧茨城県庁)
【ひよっこ/5月15日】実が目撃された飲み屋街(飲食街、商店街)ロケ地は大森の「山王小路飲食店街」
【ひよっこ・ロケ地】上野駅の撮影セットは浜松市・浜松オートで
【ひよっこ】東京・墨田区の「向島電機」(トランジスタ工場)とは
【ひよっこ】高校校舎の撮影ロケ地は松本市・松本深志高校 「さよなら、クロ」にも登場

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑