【ひよっこ】青天目澄子(なばため・すみこ)演じる女優・松本穂香は有村架純の妹分

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で、ヒロインの同僚として登場する福島県出身のメガネの女の子・青天目澄子(なばため・すみこ)についてまとめます。

あわせて、澄子を演じている女優・松本穂香についてもまとめます。

向島電機・乙女寮の同僚 どんくさい眼鏡っ娘

青天目澄子は、みね子(有村架純)が就職先の向島電機で出会う女子工員のうちの一人で、みね子たちとは同期入社になります。

眼鏡っ娘の澄子は福島県・磐城(いわき)地方の出身で、地元の中学を卒業後に家計を助けるために上京してきた「金の卵」。みね子とは偶然にも集団就職列車の中で知り合っており、早い段階で友人になっていきます。

マイペースな東北娘・青天目澄子

澄子の性格は、良くも悪くもマイペースそのもの。何をするにも行動が遅く、ミスをして工場の生産ラインをストップさせてしまうこともしばしばです。のんびり屋(天然?)の澄子はそれを気にする様子もなく、こうした態度が生真面目な同僚・兼平豊子(藤野涼子)の反感を買ってしまうことも。

澄子は中学時代はコーラス部に所属しており、乙女寮でもコーラス部の活動を楽しみにするようになっていきます。また、誰よりも食いしん坊の澄子は食堂で毎週出されるカレーライスを楽しみにするなど、もっぱら仕事以外の生活の部分に楽しみを見出していきます。

澄子は母を早くに亡くし、父は再婚済。そのため福島の生家に澄子の居場所はありません。しかし、誰よりも優しくしてくれたおばあちゃん(大方斐紗子)を思い出してホームシックになってしまい…。

有村架純の妹分・松本穂香

丸メガネにおかっぱの、いかにも鈍臭そうな青天目澄子を演じる女優・松本穂香は、大阪府出身の20歳。「ひよっこ」でヒロインを務める有村架純と同じ「フラーム」という事務所に所属しています。巷では「有村架純の妹分」などと呼ばれているようですが、その性格は有村とは異なるもののようです。

2015年にWEBムービー・LOTTE SWEET FILMS「MY NAME」の主演で女優デビューすると、2016年には有村が主演したフジテレビ月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で有村の同僚役を演じ、同年3月には自身初主演となる舞台「ヨミガエラセ屋」にも出演。デビューから短期間で、新進女優として注目を集める存在になっています。

▼ロッテのWEBムービーに出演した松本穂香。最近は企業とのコラボによるWEBムービー(CM)が新人女優の登竜門のようになっていますね。

▼こちらはワコール「ブラ・リサイクルキャンペーン」のWEBムービー。

松本穂香の性格は「ネクラ」?

清楚な雰囲気を漂わせる松本穂香ですが、本人いわく自身の性格は「ネクラ」で「ネガティブ」とのこと。高校時代に所属した演劇部では周囲をサブカル・オタク的な人種に囲まれ、「自分だけが変わっているわけではない」と感じたとのことで、決して明るく快活なタイプではないようです。

本人もそのあたりの特性は自覚しているようで、真っすぐに明るいだけではない、自分だけが持つ個性を活かした女優になりたいと考えているようです。

とはいえ決して100%暗いというタイプではなく、マイペースで個性的、なおかつ頭の回転が早いという松本穂香の個性が「ひよっこ」の東北娘・青天目澄子役にはまっていきそうです。「あさが来た」の吉岡里帆や「あまちゃん」の有村架純のように、朝ドラをキッカケに大きくブレイクする可能性を秘めている、注目の女優さんです。

関連記事
【ひよっこ】物語前半(茨城、乙女寮編)株をあげた俳優、女優たちまとめ
【ひよっこ】澄子「ナポリタンB」 モデルは王貞治CMでお馴染みのリポビタンD…?
【ひよっこ】澄子のばあちゃん役の女優は「あまちゃん」鈴木のばっぱの大方斐紗子
【ひよっこ】青天目澄子の姓「なばため」さんのルーツ、意味は?
乙女寮のか弱い先輩・夏井優子 演じる八木優希は元子役
青森出身・兼平豊子 演じるのは注目の女優・藤野涼子
【ひよっこ】女子寮「乙女寮」とは 登場人物、キャストまとめ
舎監・永井愛子 演じる女優・和久井映見は「ちりとてちん」にも出演

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

マッサン 食文化 ドラマ あさが来た 天皇の料理番 陸王 真田丸 ごちそうさん 東京都北区赤羽 俳優 視聴率 ロケ地 花燃ゆ 音楽 美女と男子 べっぴんさん あまちゃん NHK 朝ドラ 釣りバカ日誌 とと姉ちゃん サブカル アイドル 下町ロケット 女優 大阪 ブラタモリ 地域文化 軍師官兵衛 タモリ倶楽部 ナポレオンの村 ど根性ガエル まれ ひよっこ 花子とアン 醸造 歴史 わろてんか やすらぎの郷 ヒストリア
PAGE TOP ↑