【ひよっこ・第14、15週】乙女寮メンバーが再登場!時子があかね荘に…?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」第14週から第15週放送にかけて、あの「乙女寮」のメンバーが再登場します。

この記事では、乙女寮メンバーの退職後の進路と、メンバーが再登場する経緯、様子などをまとめます。一部ネタバレも含みます。

乙女寮メンバー 倒産後の進路

まずはじめに、みね子と同室だった乙女寮メンバーたちの、向島電機退職後の進路を簡単にまとめます。

・秋葉幸子(小島藤子)…恋人・雄大が働く芝浦の工場に就職。
・夏井優子(八木優希)…身体の不調もあり、秋田に帰郷。魚の加工工場で働くことに。
・助川時子(佐久間由衣)…銀座の喫茶店で住み込みで働きながら、劇団に所属し演技を学ぶ。
・兼平豊子(藤野涼子)…食品会社の事務員に。働きながら定時制高校にも通う。
・青天目澄子(松本穂香)…下町の石けん工場に就職。

※追記:7月10日放送分で、それぞれの最新の近況が語られました。
【ひよっこ・7月10日】乙女寮メンバーのその後、近況報告まとめ

すずふり亭で行なわれる同窓会

ビートルズ公演の騒動が終わり、みね子の生活にも静かな日常が戻った頃。あの向島電機・乙女寮の同室メンバーが久々に集まる「同窓会」の企画が持ち上がり、みね子は胸を躍らせます。会社が倒産してメンバーが散り散りになって以来、約半年ぶりの再会となります。

同窓会と言ってもメンバーは皆、相変わらずの貧乏生活。省吾(佐々木蔵之介)はすずふり亭の定休日を利用し、元治(やついいちろう)、ヒデ(磯村勇斗)が修行を兼ねて手料理を振る舞うという形で、同窓会を開催してはどうかと提案します。

同窓会で発生する出来事4つ

こうして開催された会合では、乙女寮メンバーの近況が報告されるわけですが、その中で、以下の四つの出来事が発生します。

①優子からの重大発表

秋田から駆けつけた優子。久々の再会で皆が近況を語る中、優子が発表した「あること」がメンバーを驚かせます。現在のところその内容は不明ですが、もしかしたら結婚報告があるのかも知れません。

②愛子のアヤシイ行動

元舎監の愛子(和久井映見)は同窓会自体には参加しない模様ですが、会合の様子を店の外から遠巻きに見守るというアヤシイ行動をとるようです。

この行動自体はいつもの「かまってちゃん」的なものとも見えますが、後に愛子はすずふり亭の「ある人物」に一目惚れしてしまい…?

③女優・川本世津子の登場

物語後半の「キーパーソン」になるという、人気女優・川本世津子(菅野美穂)。世津子は同窓会の賑やかさに導かれ、すずふり亭の店内にふらっと入ってきてしまいます。

この偶然の出会いが、みね子にも大きな影響を与えていくことに…?

④時子があかね荘に転がり込む

楽しい同窓会が終わり、皆が家路につく中、時子だけは帰ろうとしません。なんと時子は、勤めていた喫茶店をやめてしまい、収入源を失っていたのでした。

時子はみね子に頼み込み、しばらくの間、あかね荘のみね子の部屋に居候することになります。みね子にとっても視聴者にとっても嬉しい、しばしの同居生活が見られそうです。

関連記事
【ひよっこ】女優・川本世津子(菅野美穂)は物語後半の重要人物

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

俳優 とと姉ちゃん ナポレオンの村 花子とアン NHK 陸王 美女と男子 女優 軍師官兵衛 地域文化 ブラタモリ あまちゃん 下町ロケット べっぴんさん やすらぎの郷 わろてんか ごちそうさん ひよっこ 釣りバカ日誌 歴史 音楽 朝ドラ 食文化 東京都北区赤羽 アイドル 醸造 真田丸 タモリ倶楽部 大阪 天皇の料理番 マッサン サブカル 視聴率 トットちゃん! ロケ地 ドラマ まれ 花燃ゆ ヒストリア あさが来た
PAGE TOP ↑