【ひよっこ】先輩コック・井川元治 演じるのは芸人「エレキコミック」やついいちろう

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に登場するすずふり亭のコック・井川元治(いがわ・げんじ)についてまとめます。

井川元治を演じるのは、お笑い芸人(エレキコミック)の「やついいちろう」です。朝ドラは初出演となります。

すずふり亭NO.2コック 井川元治

赤坂の洋食屋「すずふり亭」は、シェフの牧野省吾(佐々木蔵之介)が中心となり、美味しい洋食をリーズナブルに食べられる店として地元で愛されています。

すずふり亭の厨房には三人の男が入っており、やついいちろうが演じる井川元治は省吾に続く二番手コック。向島電機が倒産して失業したみね子(有村架純)はすずふり亭で働くこととなり、元治とも同僚になっていきます。

他人に厳しく自分に甘い元治

元治は後輩コックの「ヒデ」こと前田秀俊(磯村勇人)に面倒な仕事を押し付けてこき使うなど、料理に対する向上心や情熱があるタイプではありません。すずふり亭で働き始めたみね子は、忙しいランチタイムにミスを連発し、元治から怒鳴られてしまいます。

自分のヤル気のなさは棚に置き、下の者には手厳しい元治ですが、その人柄は悪い面ばかりではありません。元治は裏表がなく単純明快であり、ちょっとしたことですぐ涙を流してしまう感動屋。みね子と打ち解けていく中で、次第に持ち前の憎めない性格が姿を現していきそうです。

お笑いコンビ「エレキコミック」のボケ担当

井川元治を演じるのは、お笑い芸人・やついいちろう(本名:谷井一郎)です。やついいちろうは三重県四日市市出身の42歳で、お笑いコンビ「エレキコミック」のボケを担当しています。

エレキコミックのネタはコントが主。やついいちろうがキャラクターの濃い店員(「やっつんバーガー」「やっつんバーバー」など)に、相方でツッコミ役の今立進(東京都世田谷区出身)が客となり、やついの容姿をネタにしつつ、ボケとツッコミを繰り返すのが定番のスタイルです。

「キングオブコント」常連 DJとしても活躍

コンビとして、2000年に「NHK新人演芸大賞・演芸部門大賞」を受賞。TBS主催のコント大会「キングオブコント」では2008年から2014年までコンスタントに準決勝に進出しており、特に2010年には決勝に進出しています(※ただしこの時は大滑りをしてしまい、圧倒的最下位となり話題に)。

エレキコミックとしての活動も広く知られるやついいちろうですが、持ち前のDJテクニックを武器にして、音楽界でも活動をしています。自身のDJをライブハウスやロックフェスなどでたびたび披露しているほか、「DJやついいちろう」名義でミックスCDを発売。

音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVでは「爆裂★エレキングダム!!」、「エレキコミックの音楽禁止令!」などに、ラジオ番組にも「TOKYO JUKEBOX」(TBSラジオ)、「音楽ガハハ」(NHK-FM)などの音楽番組に出演。お笑い芸人でありながらミュージシャンとの交流も多く、多方面で才能を発揮しています。

やついいちろうといえば「モジャモジャ頭」がトレードマークですが、「ひよっこ」の役づくりのため、髪の毛をばっさりと短髪にしたとのこと。芸人、DJに加え、俳優としても新たに活躍の場を広げていくことになるのでしょうか。

関連記事
「すずふり亭」で働くメンバー、出演キャストまとめ
すずふり亭見習いコック「ヒデ」前田秀俊 演じる俳優は磯村勇人
すずふり亭ホール・朝倉高子役 女優・佐藤仁美は「とと姉ちゃん」にも出演

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑