【ひよっこ】物語前半(茨城、乙女寮編)株をあげた俳優、女優たちまとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、6月に入り物語全体の3分の1が終了。「乙女寮編」が終わり、新しい展開へと突入します。

独断ではありますが、物語前半(4月・5月)において活躍し「株をあげた」と思われる俳優、女優を列挙してみたいと思います。朝ドラは注目度が高いため、脇役を務めた俳優、女優が一気にブレイクしていく可能性があります。

①松本穂香(工員・青天目澄子)

あまりマークされていなかった「大穴」という意味では、福島の眼鏡っ娘・澄子を演じた松本穂香が一番でしょう。

「あまちゃん」のヒロイン・天野アキ(能年玲奈)を思い起こさせる素朴な天然少女は、瞬く間に話題になりました。特に寮の同室6人で繰り広げられる "密室劇" のシーンでは、必ずと言っていいほど澄子が「オチ」を担当。

澄子が強烈なキャラクターなだけに、松本穂香に役のイメージが付きすぎることが心配ではあります…。

青天目澄子(なばため・すみこ)演じる女優・松本穂香は有村架純の妹分

②藤野涼子(工員・兼平豊子)

地味ながらも、乙女寮メンバーの中で高い演技力を見せつけたのが、青森の優等生・豊子を演じた藤野涼子です。

「オール5の通知表」が唯一の心の拠り所である堅物の豊子が、乙女寮のメンバーと出会い、隠されていた優しさや愛らしさが少しずつ解放されていく…。そんな過程の中で、豊子ファンの視聴者がどんどん増えていったものと思われます。また、寮のメンバーの中で最も東北弁が板に付いていたとの評価も聞かれます。

もともと演技派女優として高い評価を得ていた藤野涼子ですが、今回の豊子役を経て、女優として活躍の幅が大きく広がっていきそう。NHKが好きなタイプの女優さんにも見え、今後の朝ドラで大役抜擢があるかも…?

青森出身・兼平豊子 演じるのは注目の女優・藤野涼子

③佐久間由衣(親友・助川時子)

「ヒロインの親友」という、ブレイクの王道ともいえる役柄を演じているのが、佐久間由衣です。

佐久間由衣自身は垢抜けた美人さんといった感じですが、演じる時子は、美貌に恵まれながらも女優になるには何かが足りないというアンバランスな面を持っており(そこが可愛らしいところでもありますが)、そうしたキャラクター設定の塩梅が絶妙。「ひよっこ」で広く顔を売り、女優として本格的にブレイクしていきそうです。

幼馴染みの助川時子役の女優は「ViVi」モデル・佐久間由衣

④泉澤祐希(親友・角谷三男)

「ひよっこ」は女性が中心の物語ですが、男性出演陣の中で光っているのが、幼馴染み・三男役を演じる泉澤祐希でしょう。

居合わせた場を明るくする才能を持ち、時には恋する時子のために道化師も演じる…。そんな健気で男らしい姿を見て、有働アナウンサーが「三男派」を宣言する場面もありました。邪気を一切感じさせない愛されキャラ・三男のキャラクターづくりに成功しているように感じます。今後は「米屋の娘」との恋模様が楽しみ。

角谷三男役は期待の俳優・泉澤祐希 「マッサン」「表参道高校合唱部!」に出演

⑤和久井映見(舎監・永井愛子)

和久井映見が演じた永井愛子は、ド天然でちょっと面倒くさい「かまってちゃん」の一面を持ち、それに加え人生の悲哀も身に纏う、多角的な魅力を持つ人物。

大人の魅力と少女の面影が同居する愛子役はハマリ役であり、和久井映見はやはりいい女優だったと再確認させられる、さすがの存在感を示しました。

舎監・永井愛子 演じる女優・和久井映見は「ちりとてちん」にも出演

⑥峯田和伸(叔父・小祝宗男)

外国かぶれのみね子の叔父・宗男。素朴で物静かな男性キャラクターが多い奥茨城村の中で、宗男が登場するシーンは一気に賑やかさを増し、物語にアクセントを与えていました。

バンドマンながら、もともと俳優としても評価が高い峯田和伸。これまではサブカルチャー系映画での俳優活動が多かった印象ですが、テレビドラマへの登場も増えていきそう?

叔父・小祝宗男役の俳優は峯田和伸 「ゴイステ」「銀杏BOYZ」のバンドマン

⑦奥田洋平(主任・松下明)

女だらけの工場の中間管理職という微妙な立場で、孤軍奮闘する松下主任。無表情に事なかれ主義を貫くのかと思いきや、節々に女子工員に対する優しさを発揮。真顔でいるのにジワジワ面白い人、という印象的な役柄となりました。

演じる奥田洋平は90年代後半から長らく舞台で活躍していましたが、2015年のNHK「美女と男子」、2016年の「とと姉ちゃん」「真田丸」、日本テレビ「刑事バレリーノ」などテレビドラマへの出演も増えており、個性派俳優としてますます注目されていきそう。

今後はイケメン俳優が続々

「ひよっこ」は6月以降、新しい登場人物が次々に登場していきます。その中でも注目されるのが、物語前半にはそれほど登場しなかった「イケメン俳優」たちです。

すでに登場済である「すずふり亭」の若手コック・前田秀俊を演じる磯村勇斗、アパート「あかね荘」に住む慶大生・島谷純一郎を演じる竹内涼真、漫画家志望の坪内祐二を演じる浅香航大など、若手俳優が多数登場します。

また、女優陣も「あかね荘」住人の久坂早苗を演じるシシド・カフカ、佐々木蔵之介演じる牧野省吾の娘・由香を演じる元AKB48の島崎遥香などが新たに登場。物語を盛り上げてくれそうです。

関連記事
【ひよっこ】物語後半で株をあげた俳優、女優たちまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

俳優 マッサン あまちゃん 地域文化 花子とアン 音楽 やすらぎの郷 トットちゃん! 陸王 美女と男子 花燃ゆ べっぴんさん アイドル 下町ロケット ごちそうさん タモリ倶楽部 まれ 真田丸 視聴率 醸造 軍師官兵衛 女優 ひよっこ 朝ドラ ブラタモリ 釣りバカ日誌 大阪 あさが来た ヒストリア 食文化 とと姉ちゃん ナポレオンの村 天皇の料理番 NHK 東京都北区赤羽 歴史 サブカル ロケ地 わろてんか ドラマ
PAGE TOP ↑