軍師官兵衛第9回は「赤鼻のダメ殿」小寺政職オンステージ!ついに信長に拝謁

スポンサードリンク

「ここは思案のしどころじゃのう…」の決めゼリフでお馴染みの赤鼻のダメ殿・小寺政職(こでらまさもと)。あまりに無能な人物像に描かれていて少々気の毒な気もしますが、演じる片岡鶴太郎がコメディアンとしての本領を発揮して、なかなか面白いキャラクターとなっています。

第9話では小寺政職のダメっぷりがピークに達した状態で、鶴ちゃんオンステージの様相を呈していました。

竹中半兵衛(谷原章介)の挑発もあり、播磨の三大当主・御着の小寺、三木の別所、龍野の赤松を信長に拝謁させると約束した黒田官兵衛(岡田准一)。この拝謁が実現すれば、毛利方になびいている播磨の諸大名を、一気に織田方に引き込むことが出来ます。

播磨を出るのがコワい小寺政職

まずは自身の主君である小寺政職に信長拝謁を願い出ると、さっそくいつものバカ殿っぷりが炸裂。「イヤじゃイヤじゃ」と駄々をこね始めます。どうやら播磨を出たことがない政職は、敵の領地を通り信長の元へ向かうのが恐ろしい様子。とりあえず、三木の別所、龍野の赤松と三家揃えば行っても良いという条件を引き出します。

さすがの官兵衛の智略により、すぐに三木の別所、龍野の赤松の説得に成功。それを聞いた政職は「うん、うん…わかったぁ…」と浮かない顔で承諾します。

妻が泣くとウソをつく小寺政職

しかし、ここでまたダメ殿っぷりが再び炸裂(笑)。過去に織田方に付くと言いながらあっさり「やっぱり毛利方に付く!」と言い出した時と同様、「やっぱりやめた!」とあっさり前言を翻します。挙句、「お紺(政職の妻=高岡早紀)が泣いて止めるのじゃ!」と大ウソを言い出す始末。

荒木村重に脅されビビる小寺政職

結局、竹中半兵衛の差し金で向けられた荒木村重(田中哲司)の「挨拶」(という名の脅し)に縮み上がった政職は、しぶしぶ信長拝謁を承諾します。

こうした一連の政職の「情けなさ」を、コメディアンである片岡鶴太郎が嫌味のない範囲でコミカルに好演しているように見えます。ちょっと大河でそれはやり過ぎ?というギリギリのラインではありますが、僕は政職の存在がこのドラマに一癖を与えている感じがして好きです。

信長の前で小物感炸裂の小寺政職

さて。ついに信長に拝謁した政職。緊張のあまりしどろもどろ、つっかえつっかえで挨拶を交わすも、信長は呆れたのか、人柄を見切ったのか、さっさと退出してしまいます。これに不満タラタラ、愚痴を大声で言う政職を見て、竹中半兵衛は官兵衛にこう言い放ちます。

「貴殿にお力があるのなら、役立たずの主君など打ち取ってしまわれてはいかがか?」

これを聞いた官兵衛は、顔を真っ赤にして怒り、「半兵衛殿、お言葉が過ぎますぞ!」と声を荒げます。それにしても栗山善助らもそうですが、黒田家の面々の、主君に対する忠誠(愛?)は微笑ましいものがありますね。

関連記事
官兵衛によって逃がされた小寺政職と斎(いつき)のその後「軍師官兵衛」第24回

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑