官兵衛と光姫、羽柴秀吉、織田信長ら登場人物との年齢差

スポンサードリンク

岡田准一の好演が光るNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。主人公の黒田官兵衛(岡田准一)の周囲には父の黒田職隆(柴田恭平)、叔父の黒田休夢(隆大介)の他、家臣の栗山善助(濱田岳)、母里太兵衛(速水もこみち)など魅力的な人物が多く登場します。

しかし、見ていると俳優の実年齢と相まって、イマイチ年齢の上下関係がわかりづらいです。ということで史実を元に、官兵衛を中心とした各人物間の年齢差をまとめてみました。

当時は戦国の世ですから年齢の上下以上に立場、身分の上下が重要となるわけですが、こうして年齢分布を見ていると運命のアヤというか、生まれたタイミングによって少なからず天下取りの命運が左右されているようにも感じます。

左から人物名、生年、官兵衛との年齢差、役者名(年齢)、役者の岡田准一との実年齢差です。

※年齢差は生年から単純計算で出していますので、多少の誤差はご容赦下さい。

年齢差一覧

黒田官兵衛 1546年生 --  ・岡田准一(32)--
光姫 1553年生 -7歳  ・中谷美紀(37)+5歳
黒田職隆 1524年生 +22歳  ・柴田恭兵(61)+29歳
黒田休夢 1525年生 +21歳  ・隆大介(56)+24歳
栗山善助 1550年生 -4歳  ・濱田岳(25)-7歳
母里太兵衛 1556年生? -10歳  ・速水もこみち(28)-4歳
小寺政職 1517年生 +29歳  ・片岡鶴太郎(58)+26歳
織田信長 1534年生 +12歳  ・江口洋介(45)+13歳
羽柴秀吉 1537年生 +9歳  ・竹中直人(57)+25歳
竹中半兵衛 1544年生 +2歳  ・谷原章介(40)+8歳
荒木村重 1535年生 +11歳  ・田中哲司(47)+15歳

官兵衛は妻・光の7歳年上。家臣である栗山善助は4歳年下、母里太兵衛は10歳年下。時代の寵児である織田信長は12歳年上、羽柴秀吉は9歳年上。竹中半兵衛は2歳年上です。

また織田信長は、羽柴秀吉と3歳差、荒木村重とは1歳差(いずれも信長が年上)でほぼ同年代。しかし役者の実年齢で言うと、秀吉演じる竹中直人が江口洋介の12歳上です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑