「軍師官兵衛」初恋の相手・おたつは室津城で殺害される

スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で、官兵衛(岡田准一)の初恋相手として登場する「おたつ」。

第一回放送ではおたつの少女時代を子役の三池怜菜が、第二回、三回放送では成長したおたつを南沢奈央が、それぞれ演じていました。

おたつは黒田家の親戚筋に当たるという広峰神社の御師・伊吹善右衛門(尾藤イサオ)の娘。官兵衛とは幼なじみであり、劇中ではそうは見えなかったのですが、実はおたつのほうが年上。身分は違う二人ですが、しっかり者のおたつが、まだまだ弱いところもある官兵衛を見守るという関係のようです。

二人は幼い頃に互いに将来を誓い合った仲だったのですが、やがて時代に翻弄され、その仲は引き裂かれてしまいます。大河ドラマ「黒田官兵衛」第一回から第三回放送では、官兵衛とおたつのエピソードを中心に、物語が展開されます。

浦上氏と同盟、政略結婚

ある日、黒田家が仕える御着の小寺氏の元に、室津城(室山城ともいう)の浦上氏から同盟を求める使者がやってきます。室津城は海に面し、海路を制する要地。小寺氏が浦上氏と組むということは、小寺氏と冷戦の状態にある龍野の赤松氏を追いつめ、戦になるだろうことから、官兵衛と父・黒田職隆(もとたか=柴田恭兵)はこの縁談に反対します。

おたつが政略結婚のコマに

結局、小寺の家臣らの意見もあり小寺家は浦上家と同盟を結び、両家は婚姻関係を結ぶことに。室津城主の浦上清宗(うらがみきよむね)に、小寺側から姫を嫁がせる事になります。ここで官兵衛にとって寝耳に水だったのが、小寺には年頃の姫がおらず、結果としておたつが浦上に嫁ぐことになってしまったこと。

お互い好き同士であることが解っていながら、武家に生まれた定めとして政略結婚を受け入れなければならない。官兵衛にとってはこれだけでも辛い出来事だったわけですが、事態は更に悪い方向へと進んでしまいます。

赤松氏が室津城を奇襲 その時おたつは…

おたつが嫁いだばかりの室津城。浦上氏が祝言の最中で油断しているのをいいことに、赤松氏は室津城に攻め入ります。結局おたつはこの戦に巻き込まれ、命を落としてしまいます。助けに向かった官兵衛は、花嫁衣装のおたつを見つけるものの、すでにおたつは血まみれ。官兵衛の腕の中で息を引き取ります。

戦国の世とはいえ、あまりに儚く、やりきれない結末。官兵衛は浦上氏との同盟にはもともと異議を唱えていただけに、なんとも辛く悲しい展開です。

初恋の人と辛い別れとなった官兵衛。その後官兵衛は、縁があって光(てる=中谷美紀)という妻を娶ります。多くの側室を持つのが当たり前だった時代に、生涯一人の妻と添い遂げた官兵衛。あるいは辛い形で初恋の人を失ったことを、生涯忘れなかったのかも知れません。

※補足…史実では「おたつ」は実在せず、浦上に嫁いだのは官兵衛の妹(職隆の養女)であったという話もあります。「おたつ」は物語上作られた、架空の人物である可能性も。まあ、その辺はドラマなので、話半分に…笑。

関連記事
軍師官兵衛第三回に登場・室津城はココ おたつ殺害は実在の悲劇がもとに
官兵衛初恋の相手・おたつを南沢奈央、三池怜菜(子役)が好演
官兵衛の妻・光姫(中谷美紀)登場 運命の出会いから結婚、信頼の関係へ
「軍師官兵衛」を彩る女優陣 中谷美紀から桐谷美玲、内田有紀、黒木瞳まで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑