孤独のグルメSeason4 7月9日放送開始 放送時間は水曜深夜

スポンサードリンク

テレ東の名物ドラマ「孤独のグルメ」が帰ってくる

「もやもやさまぁ~ず」「路線バスの旅(太川陽介・蛭子能収)」などの斬新なヒット番組(しかも低予算)を連発し、その企画力から今や「民放の雄」との呼び声も高い「テレビ東京」。

そのテレビ東京が生み出した最強の「食ドラマ」が、2012年から3シーズンに渡って断続的に放送されてきた「孤独のグルメ」です。続編が今か今かと待たれていた「孤独のグルメ」ですが、2014年7月9日(水・深夜11時58分)から「Season4」の放送が決定し、一部巷では騒然としております。

松重豊が食べまくるだけのドラマ 何が面白い?

「孤独のグルメ」は個人輸入商・井之頭五郎(松重豊)が仕事の合間に街の定食屋に入り、ブツブツ言いながらモノを食べまくるというドラマ。

「食べる」という行為にまつわる食空間の面白さ、間抜けさ、周辺で巻き起こる小さな出来事などが地味に切り取られ、「オイシイ」という言葉だけでは語り尽くせない、滋味深い食の時間を描き出します。

久住昌之・原作、谷口ジロー・画の名作漫画「孤独のグルメ」を下地にしつつ、松重豊のキャラクターがあまりに井之頭五郎にハマり過ぎてしまい、今やカルト的人気を誇る深夜ドラマへと成長しました。

松重豊の意気込みを抜粋

番組ホームページの松重豊のコメントが井之頭五郎を彷彿とさせ秀逸なので、引用してご紹介します。

人間ドックで何も引っかからなかったのでまたやることにしました。36回もやると店もネタも尽きました。以前の使い回しをやるかもしれません。51歳にもなると食が細くなってきました。食べるシーンは吹き替えをお願いするかもしれません。それでもよければ、寝間着に着替えて歯を磨いてからご覧下さい。

孤独のグルメ撮影裏話 Season4登場店舗は?

松重の過去のインタビューによれば、「孤独のグルメ」の撮影はお店が開く前の朝6時からだったりと、なかなかにハードなスケジュール。朝から胃を起こすのに苦労し、食べ過ぎにより整腸剤が欠かせないとか。

そして、撮影が終わってからロケバスで孤独にアフレコ(「よーしいいぞぉ」「これこれ」といった例の独り言)をしているらしく、そうした撮影の裏話もまた、ドラマのほのぼの感を増幅させているように感じます。

Season4でも、実在の味わい深い飲食店が登場します。登場する店舗は原作では未登場のものばかりで、いずれも番組スタッフが地道に探し当てているそう。今回は都内だけではなく、箱根などに「出張」する模様。

「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ!」という神表現でもお馴染みの、毎シーズン登場する「焼肉屋」シリーズは今回も健在らしく、五郎の食べっぷりが楽しみです。

関連記事
「孤独のグルメ Season4 第一話 清瀬の「みゆき食堂」「麻雀処たんぽぽ」ロケ地まとめ」
「孤独のグルメ」井之頭五郎のプロフィール 職業、家族、生い立ち…原作漫画から読み解く
「孤独のグルメSeason4」でエキストラを募集中 店内で客を演じてみるのも楽しいのではないか

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑