2018年秋の新朝ドラは「まんぷく」 モデルは日清食品創業者・安藤百福、仁子夫妻

スポンサードリンク

2018年秋から放送される新しい連続テレビ小説「まんぷく」の概要がNHKから発表されました。

この記事では、新しい朝ドラ「まんぷく」の内容、放送時期、モデル人物、起用される脚本家などをまとめます。

「わろてんか」「半分、青い。」の次は「まんぷく」

2017年秋現在放送されている「わろてんか」(NHK大阪)、続いて2018年春から放送される「半分、青い。」(NHK東京)に続き、2018年秋から放送される朝ドラのタイトルは「まんぷく」(NHK大阪)。

日本でも有数の食品会社である「日清食品」の創業者・安藤百福、仁子(まさこ)夫妻をモデルとした一代記で、戦後から高度経済成長期の大阪を主な舞台として、夫婦の波瀾万丈の物語が描かれます。

2017年、2018年春・秋のNHK朝ドラは?ヒロイン、脚本家、あらすじまとめ

日清食品 伝説の起業家・安藤百福氏

安藤百福氏といえば、「チキンラーメン」「カップヌードル」という革命的なインスタント食品を生み出した伝説の企業家として知られます。

明治43年(1910年)に台湾の嘉義に生まれた百福氏は、22歳の時に父の遺産をもとに繊維会社を興して最初の成功を収めますが(大阪に本拠を置き、台湾との貿易業務も手がけた)、大阪大空襲で事業所や工場をすべて失います。

戦後には製塩事業を手がけたものの、GHQに目を付けられて脱税容疑で逮捕。それでもめげずに「中交総社」(のちに「サンシー殖産」)を立ち上げた百福氏は、倒産を経験して無一文になるなど、その後も苦労を重ねることになります。

再起をかけて自宅裏庭の小屋でインスタントラーメン研究を始めた百福氏は、妻の仁子氏が天ぷらを揚げる様子から閃きを得た画期的な商品「チキンラーメン」を完成させると、昭和33年(1958年)に同商品を発売。「サンシー殖産」は「日清食品」と名前を変え、その後の大躍進へと繋がっていきます。

夫婦の物語 脚本は福田靖氏

朝ドラ「まんぷく」は、波瀾万丈の人生を送った安藤百福氏とその妻の人生をモチーフにして、オリジナルの物語が創作されていきます。ヒロインのモデルとなるであろう妻の仁子氏に関しては詳しい資料が少なく、恐らくドラマ上ではオリジナル(架空)のエピソードが多数創作され、物語が構成されていきそうです。

※2018年秋現在、ヒロインは決定していません。

脚本を担当するのは、フジテレビドラマ「ガリレオ」シリーズ(2007年〜)、ドラマ、映画「海猿」シリーズ(2004年〜)、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)、映画「HERO」(2007年)、「容疑者Xの献身」(2008年)などを手がけた人気脚本家の福田靖氏です。

▼半年間の長丁場である朝ドラは、脚本家の実力がその出来を大きく左右します。ヒット作を連発している福田靖氏の手腕に期待。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼関連記事

記事はありませんでした

スポンサードリンク

音楽 醸造 地域文化 東京都北区赤羽 花子とアン 真田丸 ごちそうさん あさが来た 天皇の料理番 ドラマ ロケ地 とと姉ちゃん 俳優 女優 美女と男子 トットちゃん! わろてんか サブカル タモリ倶楽部 べっぴんさん まれ 歴史 大阪 視聴率 やすらぎの郷 ナポレオンの村 あまちゃん 下町ロケット 朝ドラ 食文化 釣りバカ日誌 ブラタモリ 軍師官兵衛 マッサン アイドル ヒストリア 陸王 花燃ゆ NHK ひよっこ
PAGE TOP ↑