朝ドラ「まんぷく」語り(ナレーション)は芦田愛菜 どういう人物設定?

スポンサードリンク

2018年10月から放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」で、語り(ナレーション)を14歳の芦田愛菜が担当することがわかりました。

この記事では、芦田愛菜がどのような立ち位置(人物設定)で語りを担当するのか、それに、近作朝ドラで語りを担当した俳優、女優をまとめます。

芦田愛菜の「語り」どんな設定?

朝ドラ「まんぷく」は、日清食品創業者・安藤百福、仁子夫妻をモデルにした一代記。激動の昭和の時代に次々と事業を立ち上げては成功と大きな挫折を繰り返す、七転八倒の夫婦の物語です。

今回芦田愛菜が担当する「語り(ナレーション)」ですが、劇中の主要登場人物が心の声を語るという形ではなく、平成時代(現代)を生きる「一人の少女が、おばあちゃんから聞いた話を友達に話して聞かせているというような設定」(NHK制作統括による)であるとのこと。

主人公の立花萬平・福子夫妻(長谷川博己、安藤サクラ)は、大正から昭和初期、戦争の時代、戦後の高度経済成長期までの激動の時代を、七転八倒しながら生き抜き、ついに無一文から世界初の「インスタントラーメン」を開発することになります。

この奮闘ぶりを、芦田愛菜が「視聴者の皆様と一緒に応援しながら」「いい意味で存在感を消し、福ちゃんたちを少し離れたところから見守るような存在でいられるように心掛けて」(本人談)、語りを担当するとのこと。

現代の若者と、昭和を生きた若者との橋渡し役

NHKによれば、萬平・福子夫妻の物語はそれほど昔のものではなく、現代とも地続きになっていると考えているとのこと。

そのため、現代の若者にも当時を生きた人々の生活の息遣いを身近に感じて欲しいと考え、その橋渡し役として、口舌の切れ味も良く、かつ少女らしい純粋さで、しっかりと言葉を紡ぐ能力を持つ芦田愛菜に白羽の矢が立ったとのこと。

テレビドラマ「Mother」(日本テレビ・2010年)や「マルモのおきて」(フジテレビ・2011年)などに出演して国民的人気者となった天才子役も、今や14歳の中学生。最近では少し大人びた表情を見せ始めているとともに、知的で聡明な女性へと変貌しつつあります。

「まんぷく」の語り役で、新たな才能を見せてくれそうです。

近作朝ドラの語り、ナレーションは

参考までに。近作、「ごちそうさん」以降の朝ドラのナレーション担当者一覧、語り役の「設定」をまとめておきます。

ごちそうさん…吉行和子(女優。設定:亡くなった祖母・トラが「ぬか床」となって語りを担当)

花子とアン…美輪明宏(歌手。設定:「ごきげんよう。さようなら」が決めゼリフの、謎の第三者)

マッサン…松岡洋子(声優。設定:第三者目線、中立なナレーションを展開。松岡洋子はエリーの母の吹き替えも担当)

まれ…戸田恵子(女優。設定:ヒロインが大切にする「魔女姫人形」としてナレーションを担当)

あさが来た…杉浦圭子(NHKアナ。設定:第三者目線、中立なナレーションを展開)

とと姉ちゃん…檀ふみ(女優。設定:第三者目線、中立なナレーションを展開)

べっぴんさん…菅野美穂(女優。設定:亡くなったヒロインの母・はなが娘を見守るようにナレーションを担当)

ひよっこ…増田明美(スポーツ解説者。設定:増田明美本人のまま登場し、解説型ナレーションを展開)

わろてんか…小野文惠(NHKアナ。設定:第三者目線ながら、ハッチャケたナレーションを展開)

・半分、青い。…風吹ジュン(女優。設定:亡くなったヒロインの祖母・廉子が天から見守る形でナレーションを担当)

関連記事
【朝ドラ・まんぷく】主要登場人物、出演キャスト(ヒロインの家族)
【朝ドラ・まんぷく】主要登場人物、出演キャスト(友人・仕事仲間)
2018年秋の新朝ドラは「まんぷく」 モデルは日清食品創業者・安藤百福、仁子夫妻
NHK朝ドラ「まんぷく」物語のあらすじ、ストーリー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑