【まんぷく第1回】香田タカ、吉乃、重之を演じた子役まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」第1回に登場した克子の三人の子供達(タカ、吉乃、重之)を演じた子役をまとめます。

香田家は、長年にわたりヒロイン夫婦と互いに支え合う関係になっていきます。

克子の三人の子供 四人目ももうすぐ

ヒロイン・福子(安藤サクラ)の次姉・克子(松下奈緒)は、画家の香田忠彦(要潤)と結婚し、貧しいながらも幸せな生活を送っています。物語のスタート当時、克子にはすでに三人の子供がおり、四人目を妊娠中と思われる描写がありました。

香田家の兄弟はいずれも幼少期から福子と仲が良く、大人になっても交流が続いていくようです。

▼香田家のオフショット写真。真ん中が長女・タカ(武内煌)、左が次女・吉乃(網本唯舞葵)、右が長男の重之(荻野煌希)。

長女・タカを演じたのは子役・武内煌

おかっぱ頭で、サイドが少しクルンとパーマしているような髪型が可愛らしい、幼少期の香田タカ。演じたのは「NEWSエンターテイメント」に所属する7歳の子役・武内煌(たけうち・こう)です。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」の浮島時枝役、NHKBSプレミアムドラマ「平成細雪」蒔岡雪子の幼少役、「子連れ信兵衛2」おぶんの幼少役、映画「ナラタージュ」「本能寺ホテル」などに出演したほか、関西電力CM「みんなの想い」篇、「暮らしの力に」篇 、積水成型工業CMセキスイ畳MIGUSA「機能美の置く座敷」編などにも出演。

リンク:「NEWSエンターテイメント」による武内煌のプロフィールページ(画像あり)。

▼第6回では3年時代が進み、香田タカ役も同事務所の子役・松田苺へとバトンタッチ。

次女・吉乃を演じたのは子役・網本唯舞葵

丸いほっぺたが可愛い次女・吉乃を第1回で演じたのは、「テアトルアカデミー」に所属する7歳の子役・網本唯舞葵(あみもと・いぶき)です。

2018年にNHKラジオドラマ「嘘の秘密」に声の出演をしたほか、京阪電鉄不動産CM「マイホームのこと1から10まで」にも出演しています。

リンク:「テアトルアカデミー」による網本唯舞葵のプロフィールページ(画像あり)。

長男・重之を演じたのは子役・荻野煌希

第1回当時、末っ子としてお姉ちゃんたちに可愛がられていた長男の重之。演じたのは、テアトルアカデミーに所属する子役・荻野煌希です。

テアトルアカデミーのサイト上にプロフィールページを発見できませんでしたが、今後、子役として活躍の場を広げて行きそうです。

追記

10月5日放送の第5回では時代が三年進み、香田家には四人目の子供が生まれています。子供達も少し成長し、演じる子役も以下に変わっています。

長女・香田タカ…松田苺
次女・香田吉乃…奥野此美
長男・香田重之 上田琳斗
次男・香田学…髙田幸季

10月29日放送の第25回では時代が戦後となり、再び子役が変わっています。昭和20年時点での香田家の子供たちを演じたのは、以下の俳優、子役たちです。

長女・香田タカ…岸井ゆきの
次女・香田吉乃…濱田優音
長男・香田重之…栗田倫太郎
次男・香田学…西村竜直

【まんぷく】姪っ子・香田タカ 演じる女優は岸井ゆきの

長女・タカ(三年後)を演じるのは子役・松田苺

第5回以降で少し成長したタカを演じるのは、「NEWSエンターテイメント」に所属する11歳の子役・松田苺(まつだ・いちご)です。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」の星野真里演じる美幸の幼少期役、NHKドラマ「経世済民の男小林一三~夢とそろばん~」の小林とめ子役、「ぼんくら」のおせん役、TBSドラマ「重版出来!」の黒木華演じる主人公・黒沢心の幼少役、フジテレビ系ドラマ「剣客商売」など多数作品に出演経験を持ちます。

リンク:「NEWSエンターテイメント」による松田苺のプロフィールページ(画像あり)。

J:COMのCM「みまもる篇」、メディケア生命・メディフィットAのCM「大奥」編にも出演。

 


関連記事
【朝ドラ・まんぷく】主要登場人物、出演キャスト(ヒロインの家族)
【まんぷく】姪っ子・香田タカ 演じる女優は岸井ゆきの

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑