【まんぷく】牧瀬里穂が登場 喫茶店「パーラー白薔薇」の川上しのぶ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」に女優・牧瀬里穂が登場します。

牧瀬里穂が演じる川上しのぶ役についてまとめます。牧瀬里穂が「まんぷく」に登場するのは、1月7日(月)放送の第80回放送からとなります。

池田の喫茶店で働く福子

立花家が池田に移り住み、萬平が池田信用組合の理事長となって8年。二人の子どもたちは小学生になっています。

子育てに少し余裕が出てきたこと、それに萬平の仕事に対するリスクヘッジの意味もあるのでしょう、福子は近所の喫茶店で昼間だけ働くようになっています。

「パーラー白薔薇」川上しのぶ

牧瀬里穂が演じるのは、福子が働く喫茶店「パーラー白薔薇」で夫の川上アキラ(加藤雅也)とともに喫茶店を切り盛りしている妻・川上しのぶ役です。宝塚にも近い池田らしく、しのぶは元タカラジェンヌ(宝塚音楽学校を出たものの、開花しなかった?)とのこと。

コテコテの関西弁で夫がボケて妻がツッコミを入れるというコミカルな夫婦を、実に10年ぶりの連続ドラマ出演となる牧瀬里穂が演じます。しのぶは、相変わらず激動の日々の中にいる萬平を支える福子にとって、良き相談相手となっていきそうです。

一世を風靡したアイドル女優 CM「クリスマス・エクスプレス」

牧瀬里穂といえば、1990年代に宮沢りえ、観月ありさとともに「3M」などと呼ばれ大人気となったアイドル女優でした。

1989年にJR東海のCM「クリスマス・エクスプレス」(山下達郎の曲でお馴染みですね)に出演し一躍脚光を浴びた牧瀬里穂は、翌1990年に映画「つぐみ」で主役を演じ毎日映画コンクール新人賞など各映画賞を総ナメし、江崎グリコ「ポッキー」のCMから派生した1995年の映画「四姉妹物語」でも姉妹役を演じた清水美砂、中江有里、今村雅美とともに主役を張りました。

また、1992年のフジテレビドラマ「二十歳の約束」、1994年の日本テレビドラマ「新・西遊記」でも主役に抜擢されています。

結婚後は仕事をセーブ 10年ぶりのドラマ復帰

その後も人気女優として活躍していましたが、2008年にファッションプロデューサーのNIGO氏と結婚した後は芸能活動を控えており、「まんぷく」でのドラマレギュラー出演が、実に10年ぶり(2009年のNHKドラマ「再生の町」以来)のこととなります。

今回演じる川上しのぶは、バリバリの大阪弁を駆使して夫婦漫才のような掛け合いを繰り出す難しい役柄(一部では濱田マリのようだとの声も)。福岡県出身であり、さらに10年のブランクがある牧瀬里穂の演技が注目されます。

関連記事
【まんぷく1月7日〜】池田編 新たな登場人物、出演俳優まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑