【まんぷく】忠彦の弟子・名木純也 俳優・上川周作はべっぴんさんの阿部靖夫!

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」に登場している忠彦の弟子・名木純也についてまとめます。

演じているのは、劇団大人計画に所属している俳優・上川周作です。

ピュアでナイーブ 画家の卵・名木純也

昭和45年。画家の忠彦(要潤)は、美大出の画家の卵・名木純也を弟子として迎え入れています。

名木は忠彦が美大に臨時講師に来ていた際に忠彦に憧れ、弟子入りを志願しています。ボサボサの長髪にヒッピースタイルという「今どきの」格好をしている名木の姿は鈴には奇異に映るようで、鈴は「私は嫌い!」「あんな男だか女だかわからない格好をして!」と呆れ顔です。※その後髪をバッサリ切り、好青年に変貌。

とはいえ、名木は「純也」という名前の通り純朴な青年です。

忠彦の抽象画を「カラスでカオスとエロスを表現している」と大真面目に分析して忠彦をキョトンとさせたかと思えば、同年代の幸の恋愛について福子から相談されると、自身にはまったく恋愛経験がないことを告白。「こんな僕は芸術家として駄目なんでしょうか!」と大泣きしてしまうなど、まあとにかく、ナイーブで生真面目(ネガティブ?)な若者なのです。

憧れの忠彦の絵に影響を受けすぎて、自分の描くべき絵のテーマを追い求めようとしない名木。そんな名木のことを忠彦は心配しているようです。やがて忠彦は、名木にある大事な仕事を任せることにし…。

【まんぷく3月6日】名木、カラスをかぼすに変えただけの絵を描いてくる
【まんぷく3月14日】名木、シェイクスピア・トルストイ・パスカルの恋愛名言にハマってしまう

大人計画・上川周作

名木純也を演じている俳優・上川周作(かみかわ・しゅうさく)は、大分県出身の26歳。松尾スズキ、阿部サダヲ、宮藤官九郎らが所属する人気劇団「大人計画」に所属しています。

京都造形芸術大学映画学科俳優コースの出身で、同コースを卒業している朝ドラ女優の黒木華(花子とアン)、大西礼芳(花子とアン、べっぴんさん)、土村芳(べっぴんさん)、それに「まんぷく」に女性社員・戸塚洋子役で出演しているぎぃ子らの後輩にあたります。

西郷小兵衛、キアリス新入社員・阿部

2017年に宮藤官九郎脚本のTBSテレビドラマ「監獄のお姫さま」に検察事務官・今池周太郎役で出演したほか、NHK大河ドラマ「西郷どん」では西郷家の末子(隆盛の四弟)西郷小兵衛役で出演。映画「心が叫びたがってるんだ。」「止められるか、俺たちを」にも出演しています。

NHK朝ドラは2016年の「べっぴんさん」以来の出演となります。「べっぴんさん」ではキアリスに新入社員として採用された阿部靖夫役を演じています。

阿部靖夫は、地味ながらべっぴんさんファンならば知る人ぞ知る名チョイ役。

第120回放送では、親の七光り社員であるさくらと健太郎が新人研修についてぼやいていると、地味で没個性的と思われていた阿部が

「やめませんか?言霊ってあるでしょ?言葉は力を持ってるんです。言葉に力が宿るんですよ。疲れたぁ疲れたぁ言うたら、ほんまにドッと来る。大変やったけど、充実してるなぁ言うたら、ほんまに充実してくる。自分自身の思い込みもあるけど、そういうものやと思うんです。わしは、少なくともそう信じて生きてきました。本気で嫌やったら辞めてる思います。そうやないから、気を紛わすために言うてるんやと思いすけど、わしは聞きたないです」

と長台詞をぶっこみ、一部視聴者から脚光を浴びています。

【まんぷく】名木の恋人・小倉純(純ちゃん) 演じる女優・いちえは「べっぴんさん」にも出演

阿部靖夫の名言はNHKオンデマンドで…

「べっぴんさん」は2019年3月現在、ちょうどBSプレミアム朝の「アンコール放送」枠で再放送中です。2019年3月現在「NHKオンデマンド」でも「べっぴんさん」全話が配信されています。じわじわと面白い阿部靖夫の渾身の名言は第120回放送で登場

ちなみに、NHKオンデマンドは大手動画配信サービスU-NEXT の無料トライアルを利用することでお得に体験視聴ができますのでオススメです。詳しくはリンク先を御覧ください。

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑