【まんぷく】岡崎体育が登場 演じる役柄「チャーリー・タナカ」とは

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」に、Youtubeなどを活用して人気を得ているシンガーソングライター・岡崎体育が出演します。

この記事では、岡崎体育が演じることになる「チャーリー・タナカ」という人物についてまとめるとともに、岡崎体育の簡単なプロフィールもまとめます。

日系米国人兵士 チャーリー・タナカ

岡崎体育がドラマに登場するのは、物語が戦後の時代に移ってからになりそうです。

ヒロインの夫・立花萬平(長谷川博己)とその仲間達は戦後、反乱の疑いで進駐軍に逮捕されてしまいます。収監された雑居房で萬平らを見張る監視役のMP(軍警察)として登場するのが、岡崎体育演じる日系米国人兵士「チャーリー・タナカ」です。

チャーリー・タナカはカリフォルニア生まれの日系人で、大阪訛りの日本語をしゃべるという設定。岡崎体育本人によれば、「存在するだけで鼻につく」という天性の才能を活かし、生意気なキャラクターを演じたいとのこと。

チャーリー・タナカは自らの境遇に屈折した思いを抱いているようですが、萬平たちの考えや生き方に触れるうちに、次第に心が変わっていきます。

なお、萬平がGHQに逮捕されてしまう一連のエピソードは、モデル人物である安藤百福氏が「見せしめのため」(本人談)に脱税の嫌疑をかけられ、二年間に渡り巣鴨プリズンに収監されていた史実がモチーフになっていると考えられます。

芸人?ミュージシャン・岡崎体育

NHK朝ドラ初出演となる岡崎体育は、兵庫県西宮市生まれ、京都府宇治市育ち(現在も実家住まい)の29歳。

本名は「岡亮聡(おか・あきとし)」で、芸人っぽい名前である「岡崎体育」は、自身がソロ音楽活動をする際のソロプロジェクト名です。「岡崎」は、母がかつてMC業をしていた時に使っていた名前。「体育」は、大好きなミュージシャンである電気グルーブの石野卓球を超えるという意気込みでつけたとのことですが…。


同志社大学時代に本格的に音楽活動を始めた岡崎体育は、一度は一般企業に就職したものの退職し、音楽活動に専念。

2016年、自身で全曲を作詞作曲編曲したアルバム「BASIN TECHNO」でメジャーデビューを飾ると、同アルバムはオリコン週間アルバムチャートで初登場9位を記録、iTunes J POPアルバムチャートでは1位を獲得するなど、タイアップが無いにも関わらず高い人気を獲得しています。

Youtube動画で人気に

岡崎体育の音楽が若者から人気を得た理由として、ユーモアある作風であることとともに、YoutubeやSNSを活用した活動スタイルが挙げられます。

2016年にYoutubeに公開された「MUSIC VIDEO」は瞬く間にSNS上で話題となり拡散。第20回文化庁メディア芸術祭で「エンターテインメント部門 新人賞」を受賞しています。

▼3000万回再生を超える「MUSIC VIDEO」は、岡崎体育が広く知られるきっかけとなった作品。「カメラ目線で歩いてくる」「メンバーが急に横から出てくる」など、ミュージシャンが制作する「ミュージックビデオ」のあるあるネタを映像化しています。


▼こちらは1000万回再生を超える「感情のピクセル」。聞き覚えのある音楽に空虚な歌詞が並ぶこの曲は、ラウドロックシーンに対する風刺や批判なのか?といった声も上がっていますが、岡崎体育本人はそれを否定しています。


▼「Natural Lips」は、字幕で歌詞を見ないと英語に聞こえてしまう空耳的一曲。


▼フジテレビ系アニメ「舟を編む」のオープニングテーマ「潮風」も岡崎体育によるもの。


▼生活感溢れる京都の実家の部屋での音楽制作風景。自室で作品を生み出し、SNSやYoutubeで世界中に拡散して行くスタイルは、今どきのミュージシャンぽい。

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kula beats

岡崎体育さん(@okazaki_taiiku)がシェアした投稿 –

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑