【まんぷく】萬平の手がけた仕事遍歴、会社まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」では、ヒロインの夫・立花萬平(長谷川博己)が次々に新しい事業に挑戦しては挫折を繰り返す姿が描かれていきます。

この記事では、ストーリー上で萬平が携わった仕事、職業、立ち上げた会社などをまとめていきます。

「たちばな工房」で幻灯機を製造…1938年・萬平28歳

ドラマの開始当時(1938年・昭和13年)、萬平は大阪・心斎橋近くの商店街に構えた小さな工房「たちばな工房」で幻灯機などの製品を開発、販売していました。

「たちばな工房」は竹ノ原大作(宮田佳典)という社員は居たものの個人経営に近く、営業が苦手なこともあって売り上げもさっぱり。そんな折、営業が得意な加地谷圭介(片岡愛之助)が共同経営者として事業に合流すると、「たちばな工房」は次第に売り上げを伸ばしていくことになります。

「理創工作社」で根菜切断機を開発…1941年・萬平31歳

物語のスタートから3年が経った1941年(昭和16年)になると、「たちばな工房」は「理創工作社」という社名に変わっています。

共同経営者・加地谷(肩書き上は社長)の貢献もあり、それなりに立派な社屋を構えるまでに会社は成長。この頃の萬平は、幻灯機づくりを続けながら、新たな挑戦として根菜切断機を完成させています。加地谷の顔の広さもあり大阪商工会の定例会にも出席し、三田村商工会長(橋爪功)や事業家・世良勝夫(桐谷健太)らとも出会っています。

憲兵に捕まる、加地谷逃亡…1942年・萬平32歳

古くからの社員・竹ノ原に召集令状が届いた1942年(昭和17年)。萬平は突然軍需物資を横流ししたとして大阪憲兵隊に連行され、長期にわたり拘束されてしまいます。

世良や三田村の貢献もあり萬平は釈放されますが、横流していた真犯人・加地谷は逃亡してしまい、萬平も抑留中の暴行により内臓に深刻なダメージを受けてしまいます。

萬平は社員たちに退職金を支払って雇用をやめ、「理創工作社」は実質的な解散状態に。

飲料水製造機で再起を図る…1944年・萬平34歳

萬平と福子が結婚してから一年が過ぎた、1944年(昭和19年)の春。戦争が激化する中で、萬平は飲料水製造機の開発販売を手がけ、「理創工作社」の復興に着手しています。

しかし若い働き手は皆戦争に行ってしまい、スタッフは老人ばかり。

終戦 すべてを失いハンコ作りで再スタート…1945年・萬平35歳

大阪大空襲の三日前である1945年(昭和20年)3月10日に大阪を離れ、兵庫・上郡近くの「黒竹村」に疎開した萬平と福子。この時期、腹膜炎を発症した萬平は疎開先で療養に努めていますが、「お国のために」何ら役立てない不甲斐なさを感じた萬平は、深い自責の念にかられています。

終戦後に大阪に戻ると「理創工作社」の社屋や自宅は空襲で跡形もなく焼けており、萬平と福子は文字通り全てを失ってしまいます。萬平は闇市でハンコが必要とされていることに気がつき、ハンコ作りを開始します。

泉大津で「たちばな製塩」…1946年・萬平36歳

大阪・泉大津で旧陸軍の倉庫が空いていることを世良勝夫から紹介された萬平たち。いつまでも忠彦・克子夫妻の家に厄介になるわけにもいかないと考えた萬平と福子は、この泉大津の空き倉庫に移り住むことになります。

倉庫には大量の鉄板が置かれたままになっていました。この鉄板を見た萬平は発明心に火がつき、目の前に広がる海を利用して製塩業を営むことを思いつきます。神部の助力もあり戦争で行き場を失った多くの若者たちが集ると、賑やかな塩づくりの日々が始まります。

今後は…製塩業、金融業、そしてインスタントラーメン開発へ

萬平は製塩業を立ち上げたのちにも、栄養食品「ダネイホン」の開発、金融業(信用組合の理事長)などに携わっていきます。

そして、成功と挫折の末に全財産を失った47歳の春、ついに萬平は世紀の大発明「インスタントラーメン」の開発に着手することになります。

関連記事
【まんぷく】福子の年齢、年表、出来事まとめ
【朝ドラ・まんぷく】立花萬平モデル 安藤百福が手がけた数々の事業とは 失敗と挫折の歴史

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑