【まれ】安西隼人(六角精児)が落とした「怪しいレシート」詳細内容

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まれ」第5週、4月27日(月)放送分より。

輪島市役所職員・津村希(土屋太鳳)が企画した移住希望者向けの「能登体験ツアー」の参加者の一人、安西隼人(六角精児)が落とした「怪しいレシート」についてメモ。

気が弱そうな安西

安西隼人はツアー参加者四人のうちの一人で、四人の中で一番気が弱そうな中年男です。「人生に疲れてしまって」ツアーに参加したという安西は、要領が悪く仕事が上手くいかない、唯一の話し相手・インコのシロちゃんにも逃げられた、近所の子供にキモいと指差される…など泣き言のオンパレード。

いかにも気が弱そうな安西を外浦町の人々、ツアー参加者らが励ますと、安西はそれに感激して泣き出す始末。誰もが安西のことを「気のいいオジサン」だと思っていました。…ところが。

安西が落とした「レシート」詳細

▼まったく関係がない豆情報ですが、台湾のレシートは「宝くじ」になっています。これは、店側に必ずレシートを発行させ売り上げを国が管理しやすくするための知恵。最高当選額2000万以上(!)


4月27日(月)放送の最後の場面。縁側で希らと談笑していた安西の後ろポケットから、一枚の「レシート」が落ちます。それを拾った希は、その内容にタダならぬ予感を感じることになります。レシートの内容は、以下のようなものでした(抜粋)。

・トリプルデッカー 9,000
・スモークサーモン 8,000
・ドライフルーツ 4,900
・シーザーサラダ 6,150
・シャンパンボトル 45,000
・ワインボトル 12,000
・ミネラルウォーター 4,800
・チーズ4シュ 12,800

合計 252,194

六本木、赤坂あたりのクラブで豪遊?

「ミネラルウォーター4,800円」「スモークサーモン8,000円」「シャンパンボトル45,000円」…。田舎暮らしの希もさすがにおかしいと気が付くレベルで怪しいラインナップです。どう考えても、六本木や赤坂あたりの「お高いお店」で豪遊しているような、そんなレシートに思えますが…。

第5週では、「能登体験ツアー」が希の周囲に思わぬ騒動を起こすことになります。安西の落とした「怪しいレシート」がこのゴタゴタの伏線となりそうです。

関連記事
【まれ】安西、圭太、弥太郎、博之それぞれの言い分 伝統工芸(輪島塗)を守る難しさ
【まれ】「能登体験ツアー」移住希望者・参加メンバー一覧
【まれ】六角精児が演じる移住希望者・安西隼人の正体とは
【まれ】移住希望ツアー参加者・岡崎亜美 演じるのは梶原ひかり
【まれ】能登移住希望ツアー参加者・高槻賢治 演じるのは俳優・和知龍範
【まれ】「マッキー」(篠山巻信)は「あさイチ」アッキーこと篠山輝信のセルフパロディ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑