【まれ】に芸人「しずる」「パンクブーブー」登場 池田一真演じる元社員・山口が徹を脅迫

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まれ」第20週(8月10日〜)放送分より。これまで多数のお笑い芸人が登場してきた「まれ」ですが、この週にも二組の芸人コンビが登場します。

「しずる」「パンクブーブー」

第20週に登場するのは、お笑いコンビ「しずる」の池田一真、村上純、それに「パンクブーブー」の黒瀬純、佐藤哲夫の四人。四人は徹(大泉洋)が潰してしまった会社「アットマイドリーム(@my dream)」の元社員で、ようやく自己破産の失意から立ち直った徹が、彼らを能登に来るように誘ったのでした。

※四人の役名

山口=池田一真(しずる)
井上=村上純(しずる)
小平=黒瀬純(パンクブーブー)
木俣=佐藤哲夫(パンクブーブー)

わだかまりのない再会のはずが…

山口、井上、小平、木俣の元社員四人はいずれも再就職が決まっているとのことで、徹もそれを聞いて安心した様子。徹は娘・希(土屋太鳳)のケーキ屋開業の企画を練っていることを四人に嬉しそうに語り、紆余曲折の末に現在が幸せな状況であると伝えます。

久しぶりに元社員との再会を果たし、再び活力を取り戻した徹でしたが、外浦村ではある異変が発生していました。町内のあちらこちらに貼り紙や落とし穴といったイタズラがされていたのです。さらに徹の元にも徹と藍子の仲を揶揄し、津村一家への脅迫ともとれるメールが送りつけられます。

中傷の犯人は元社員・山口

これらのイタズラ、脅迫文を作成した犯人はすぐに判明します。元社員のうちの一人、山口(しずる・池田一真)の仕業でした。

「無事就職できた」と語っていた山口でしたが、実際には「アットマイドリーム」の倒産により現在も無職のまま。山口はそのせいで一家離散の憂き目に遭い、徹のことを恨んでいたのです。

徹、再びの失踪

自己破産後、自らの不運を恨みこそすれ、債権者や従業員に対する反省の気持ちを持ち合わせていなかった徹。しかし怨念をぶつけてきた山口の姿を見て、自分の失敗のせいでたくさんの人々を傷つけ、不幸にしてきたことに気が付きます。

この一見で徹は再びふさぎ込み、ついには「希のケーキ屋開業の企画書」と「自分の名前を書いた離婚届」を残し家族のもとから失踪してしまいます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑