【まれ16週】毒舌スイーツブロガー「わんこ」の正体は一子 希と因縁の対決へ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まれ」第16週(7月13日〜)より。紺谷希(土屋太鳳)が働く「マシェリシュシュ」について悪評を書き綴るカリスマ・スイーツブロガー「わんこ」の正体が、蔵本一子(清水富美加)であることが明かされます。

希と一子の大喧嘩 一子の「希コンプレックス」

東京育ちで自分とは違う生き方をする希を幼い頃から意識し、コンプレックスにさいなまれてきた一子。第13週放送分ではついに一子と希との間に大喧嘩が発生し、二人の仲違いは決定的なものになったように思われました。

ところが第15週になると、一子は何事もなかったのように希の店を訪れ、久しぶりの再会を果たしています。この時、相変わらず鈍感な希は一子に笑顔が戻ったと喜んでいましたが、本当のところは違いました。一子は東京で「夜のお仕事」を懸命にこなし、虚構にまみれた「オシャレブログ」を書き続るという苦しい生活を続けていたのです。

この再会の時、希のケーキを食べた一子の心には、ある「負の感情」が芽生えていました。いつの間にかパティシエの世界で実力を身につけていた希に対し一子が抱いた感情が、カリスマ・スイーツブロガー「わんこ」という形となり、希の前に現われてしまうのです。

辛口グルメブログ「わんこのスイーツ工房」

ある日のこと。希は、ブログ「わんこのスイーツ工房」を運営するナゾのブロガー「わんこ」が、「マシェリシュシュ」のことをこき下ろす記事を書いていることを知ります。「わんこのスイーツ工房」は、コンビニスイーツを中心としたお手軽スイーツレシピを紹介する人気ブログで、「マシェリシュシュ」のケーキを「お金の無駄だワン」とバッサリ斬り捨てます。

ネットの知識が有る徹によれば、「わんこのスイーツ工房」は検索上位にランクインするように対策がなされており、バックにプロの仕掛人が居るのではないかとのこと。

「わんこ」の正体を知らない希はこの匿名による中傷に激怒。コメント欄に「にゃんこ」を名乗り反論をするのですが、やがて「わんこ」の正体が一子であることを知らされ、希はさらに激しく動揺します。
※「わんこ」=「one子」=「一子」。

「わんこ」と「マシェリシュシュ」のスイーツ対決

「わんこのスイーツ工房」の人気に目をつけた広告代理店は、「マシェリシュシュ」と「スイーツ対決」を行うことを一子にけしかけます。「わんこ」が選ぶとっておきの「コンビニスイーツ」と、マシェリシュシュ(希)がつくる「カップスイーツ」を対決させ、徹が運営するサイト「まいもんネット」でネット中継しようという企画でした。

長年に渡り複雑な想いを持たされた希を打ち負かせるとあって、一子は大いに張り切ります。その対決が、広告代理店によって仕組まれた「金儲け」のための出来レースだと知るまでは…。

▼清水富美加出演の「仮面ライダーフォーゼ」シリーズ。この当時から、清水富美加の表情豊かで愛らしい演技、存在感は評判でした。

関連記事
【まれ】「一子」を演じる清水富美加の演技に好評価 現在出演中のドラマ・映画は?
「まれ」東京に憧れる蔵本一子 演じる清水富美加の過去出演作は?
一子をスカウトしたスカウトマン・勝浦マコト 演じるナガセケイは元ジュノンスーパーボーイグランプリ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑