【マッサン】鴨居英一郎(欣次郎長男、浅香航大)が登場

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「マッサン」より。

これまで仕事一筋、家族の存在を匂わせることのなかった鴨居欣次郎(堤真一)。しかし、第11週放送(12月8日〜13日)から長男・鴨居英一郎(浅香航大)が登場し、少しずつ鴨居家の実態が明らかになっていきます。

▼浅香航大は、元ジャニーズJr(J.J.Express)。映画「桐島、部活やめるってよ」などにも出演。

父に反発する息子・鴨居英一郎

第11週から登場する鴨居英一郎は大学に籍を置いているものの、父に反発し、ろくに学校に通わず遊んでばかりいる少々難しい子。欣次郎は英一郎の扱いに困っており、鴨居商店で働くマッサンに英一郎を弟子にしてもらうよう頼みます。

この鴨居の頼みにマッサンは困惑しますが、エリーは快諾。英一郎はマッサンが働く山崎蒸溜所に通うために、マッサン夫婦と同居生活を始めます。

一緒に暮らし始めたはいいものの、英一郎は父にも周囲に対しても心を閉ざし、何をやってもいつも醒めた表情。エリーはそんな英一郎のことを心配します。

少しずつエリーに心を開き始めた英一郎が語り始めたところによれば、どうやら英一郎の心の奥には父・欣次郎に対する根強い不信感が存在するようです。

妻・サキが病気の時も仕事に明け暮れた欣次郎

鴨居欣次郎には英一郎を筆頭に三人の子供が居るようです。

英一郎の母であり欣次郎の妻であるサキは、重い病気を患い10年前に亡くなっているのですが、そんな時でさえ欣次郎は仕事一筋。病で床に伏せる妻のことなど顧みず、自分の好きなように生きていたー。

そうした父親の姿に反感を覚えながら、鴨居家の長男、鴨居商店の跡取りとして父の言いなりにならざるを得ない、複雑な立場の英一郎。そんな英一郎の鬱屈した気持ちが、周囲に対する無関心、醒めた言動として表われていたようなのです。

次の記事「鳥井信治郎(マッサン・鴨居欣次郎モデル)家族構成、子供たち」では、鴨居欣次郎のモデルとなったサントリー創業者・鳥井信治郎の家族と三人の息子についてまとめます。

まだはっきりとわかりませんが、浅香航大が演じる鴨居英一郎は、鳥井信治郎の長男・吉太郎がモデルではないかと予想しています。吉太郎は31歳の若さで病により急逝しており、鴨居英一郎の今後も気になるところです。

関連記事
【ひよっこ】漫画家志望の青年・坪内祐二 演じる浅香航大が「マッサン」で演じた役は
【マッサン】鴨居英一郎急死 モデル・鳥井吉太郎 早世の死因は?
【マッサン】鴨居欣次郎と妻・サキ 明かされる二人の物語 史実では?
鴨居商店主要社員・メンバー一覧 マッサンが共に働く人々
「マッサン」亀山政春・鴨居欣次郎は「ニッカ」「サントリー」創業者がモデル

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑