マッサン2月27日・エリーの回想場面で流れていた曲「ELLIE MY HEART」

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「マッサン」2月27日(金)放送回より。エリーの悲しい過去の回想場面と、その時に流れていた物悲しい歌「ELLIE MY HEART」についてまとめます。

エリーとジョージの悲しい恋 あざみの花の思い出

森野一馬(堀井新太)に恋をしてしまったエマ(優希美青)でしたが、これまでいつも理解を示してくれていた母・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)はなぜか二人の交際に大反対。実はエリーは若い頃に戦争により初恋の人・ジョージ(ラッセル・トッテン)を失っており、愛娘に同じ思いをして欲しくないという親心から反対していたのでした。

2月27日放送分では、ようやくこの「エリーの過去」が紐解かれました。放送開始から11分前後、余市の自宅に飾られたピンク色の「あざみの花」を見たエリーは、ジョージとの辛い別れの場面を思い出します。

作曲家・富貴晴美による「ELLIE MY HEART」

この回想場面でかかっていた曲は、 「ELLIE MY HEART」という曲です。「マッサン」で劇中音楽を担当している作曲家・富貴晴美(ふうきはるみ)が手がけた曲で、『マッサン・オリジナルサウンドトラック』の配信限定”ボーナストラック集”に収録されています。

※「ELLIE MY HEART」は、オリジナル・サウンドトラック17曲目収録「ELLIE’s Ambition」とよく似た曲ですが、違う曲のようです。「ELLIE’s Ambition」はAmazonで視聴できます。

▼こちらの「ヤマハミュージックコミュニケーションズ」のサイトで、「ELLIE MY HEART」を含む「マッサン・ボーナストラック集」の7曲(サントラ未収録)が視聴できます。
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=790&artist_id=242

歌うのは中川理沙

「ラーラララーラララーラララー」という物悲しい旋律に乗せて歌うのは、ボーカルの中川理沙。中川理沙は「ザ・なつやすみバンド」「うつくしきひかり」のピアノボーカルとして活動しています。

彼女が所属する「うつくしきひかり」の「ともだちを待っている」という曲を聞いて頂ければわかりますが、その声は心地よく優しく響き、聞く人の心に染み渡ります。

2月27日に「マッサン」で流れた「ELLIE MY HEART」もマイナー調の曲でありながら、中川理沙独特の優しい声により、どこか美しく甘美な過去を連想させる仕上がりになっています。

関連記事
【マッサン3/25】エリーが余市川で歌った「別れの歌」は「The Parting Glass」
マッサン・オリジナルサウンドトラック シャーロット・ケイト・フォックスも歌っている!
【マッサン】出征する一馬に歌われた民謡「オールド・ラング・サイン」その意味は?
【マッサン】エマがおもてなしで歌った歌はスコットランド民謡「アニー・ローリー」
【マッサン】エリーが歌う「ゴンドラの唄」とは?「生きる」「ごちそうさん」でも登場
マッサンで登場する「故郷の空」 「麦畑」「誰かさんと誰かさん」で知られるメロディー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑