「マッサン」のヒロインがシャーロット・ケイト・フォックスに決定 夫役は玉山鉄二

スポンサードリンク

「花子とアン」の次作、今年の秋から放送されるNHK連続テレビ小説「マッサン」(NHK大阪放送局制作)のヒロインが、アメリカの女優、シャーロット・ケイト・フォックス(28)に決定しました。また、夫役には俳優・玉山鉄二(33)が選ばれました。

初の外国人ヒロインということでオーディションに注目が集まっていましたが、米国人女優というまさかの「純外国人」起用。(日本語が話せるハーフ・タレントが起用されるのでは?との憶測もありました。)

選ばれた時点ではまったく日本語を話せないというシャーロット・ケイト・フォックスの演技に注目が集まります。(※その後、撮影期間を通してシャーロットの日本語がみるみる上達しているらしい)

ニッカウヰスキー創業者の妻がモデル


▲Photo by: MIKI Yoshihito

「マッサン」は、「日本のウイスキーの父」と言われるニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏と、スコットランド出身の妻・リタをモデルとした大正時代の物語。不器用ながらも情熱的に日本初のウイスキーを創り出した夫と、それを支える外国人の妻の人生模様が描かれます。

題名の「マッサン」は妻が夫のことを大阪風に「マッサン」と呼んだ事から。 ドラマ劇中ではヒロインは「エリー」、夫は「亀山政春」という役名で登場。

スコットランドからやってきた妻・エリーが、なれない日本・大阪の地で日本人になろうと奮闘する姿が描かれるのですが、演じるシャーロットもアメリカから異国へやってくる身。 クランクインの5月までにシャーロットは日本語を猛特訓するそうですが、撮影期間を通しての彼女の異文化適応もドラマを彩る事になりそうです。

半年という長丁場の撮影の中で、どこまでシャーロットが日本文化に適応でき、それが画面に現われるか楽しみです。

なお、シャーロットにはアメリカに恋人がいる模様。半年間は「遠距離恋愛」を覚悟しての来日決断のようです。

関連記事
「マッサン」スタートは母・亀山早苗(泉ピン子)と政春のバトルから!
余市蒸溜所 「マッサン」のモデル竹鶴政孝がウイスキーに人生を賭けた場所
「マッサン」出演キャストとモデルとなった人物まとめ
【マッサン】「エリー」出身地スコットランドはどこ?ウイスキー(スコッチ)造りが盛んな理由

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑