【マッサン】鴨居欣次郎と妻・サキ 明かされる二人の物語 史実では?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「マッサン」第12週(12月15日〜20日)より。この週は、流産してしまったエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と、それを心配する周囲の人々を中心にして物語は進みます。

山崎工場お披露目会の日程で揉める

その中で問題になるのが、鴨居欣次郎(堤真一)が設定している山崎蒸溜所(山崎工場)の初お披露目会の日時。お披露目会はマスコミや財界関係者などを呼び、工場を派手に宣伝するチャンスです。

しかし、山崎工場の現場は大混乱していました。工場長のマッサン(玉山鉄二)が、妻・エリーの流産を受けて会社をしばらく休んでおり、準備が大幅に遅れていたのです。

しかし、鴨居欣次郎はお披露目会の日程は変更せず、予定通りに決行する考えでした。それどころか鴨居は翌日からマッサンに出社命令を出す始末。この決定には鴨居の長男・英一郎も猛反発します。

かつて、母が病に倒れた際に仕事ばかりしていた父。英一郎はそんな父を改めて「鬼」だと罵倒し、親子関係はますます険悪なものになってしまいます。

以下、少々ネタバレになりますのでご注意下さい。

鴨居欣次郎と妻・サキ

第12週では、エリーからきちんと英一郎と向き合うように背中を押された欣次郎が、英一郎に本当のことを話し始めます。

それによれば、欣次郎が病に倒れた妻・サキを横目に仕事に没頭したのは、妻に冷酷だったからではありませんでした。当時、病床の妻のために社運を賭けた「太陽ワイン」の発売を延期しようとした欣次郎でしたが、妻がそれを許さなかったのです。

欣次郎の夢が叶えば必ず自分の病気は良くなる…。そんな妻の言葉を信じ、欣次郎は必死に働き、太陽ワインの大ヒットに繫げたのでした。残念ながら、妻はその成功を見ることなく亡くなってしまいましたが…。

鳥井信治郎と妻・クニ 史実では?

さて、欣次郎・サキ夫妻のモデルとなっている史実の鳥井信治郎(サントリー創業者)とその妻・クニですが、ドラマのストーリー展開とは事実関係(時系列)が異なるようです。

鳥井の妻・クニは昭和8年、46歳という若さで早世しています(急性の伝染病らしい)。これは長男・吉太郎が学校(神戸の高等商業)を卒業し寿屋に入社(昭和6年)した後。「マッサン」第12週でも描かれる山崎工場の完成お披露目(大正13年)のだいぶ後の話です。

鳥井信治郎の妻・クニは早世したとはいえ、「赤玉ポートワイン(太陽ワインのモデル)」の大ヒット、山崎工場の完成、それに長男・吉太郎の成長を見届けた後に亡くなったのです。

(PR)サントリー DHA & EPA+セサミンEX

関連記事
鳥井信治郎(マッサン・鴨居欣次郎モデル)家族構成、子供たち
【マッサン】鴨居英一郎(欣次郎長男、浅香航大)が登場
鴨居商店主要社員・メンバー一覧 マッサンが共に働く人々
マッサンが建設に関わったサントリー山崎蒸溜所 見学も出来ます

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑