マッサン主題歌・中島みゆき「麦の唄」 夫婦の愛の歌、日本人への応援歌

スポンサードリンク

2014年後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」。その主題歌は、中島みゆきが歌う「麦の唄」です。

イントロでバグパイプの音色が響き渡り、スコットランドへと誘われる「麦の唄」。

「麦の唄」は、スコットランドと日本をそれぞれ故郷とするエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)とマッサン(玉山鉄二)夫婦を包みこむ愛の歌であり、今を生きる日本人への「応援歌」でもあります。

中島みゆきといえば、おどろおどろしくも力強い歌詞を情念とともに歌い上げる、日本でも稀有な才能を持つ歌手。しかし、「中島みゆき」と「朝ドラ」の組み合わせには国民の多くが驚いたことでしょう(笑)。

ほんとに朝っぱらから中島でいいんですか !?

当の中島みゆき本人も、以下のようにコメントしています。

「ほんとに朝っぱらから中島でいいんですか !? 」と驚きました。
感激と恐縮とで冷や汗を流しながらレコーディングしました。
できる限りさわやかに仕上げたつもりではありますが、
なんでしたら、夜の再放送もございます。

(NHKホームページより引用)

「麦の唄」は「マッサン」のための新作・書き下ろし

この「麦の唄」は、「マッサン」のために書き下ろされた新曲。中島みゆきに曲を依頼したNHKの桜井チーフプロデューサーによれば、「マッサンとエリーへ、そして“あきらめない”日本人への応援歌をください!」と依頼したとのこと。

マッサン夫婦を待ち受ける人生の苦難、そしてそれを超える大きな成果を二人で分かち合う喜び、そんなドラマの世界観を表現した歌と言えます。

「プロジェクトX」主題歌「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」

中島みゆきといえば、かつてNHKの超人気番組であった「プロジェクトX 挑戦者たち」の主題歌「地上の星」、エンディングテーマ「ヘッドライト・テールライト」を思い浮かべる方も多いと思います。

バブル崩壊後、すっかり自信をなくしていた「日本のお父さん達」に対し、同番組は多大な影響力を持っていました。

「プロジェクトX」が時として昭和懐古的、あの頃は良かった的なものを感じさせる部分があったのに対し、「マッサン」「麦の唄」は、より明るく前向きに「明日」へと進む、そんなメッセージを強く含んでいるように感じます。

マッサン・オリジナルサウンドトラックも発売(ただし「麦の唄」は未収録)

「マッサン・オリジナルサウンドトラック」第一弾が2014年12月に発売されています。

同ドラマの音楽を担当している作曲家・ピアニストの富貴晴美によるお馴染みの楽曲を中心に、エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスが歌うスコットランド民謡も収録されています。詳しくは↓
マッサン・オリジナルサウンドトラック シャーロット・ケイト・フォックスも歌っている!

関連記事
【マッサン】エリーが歌う「ゴンドラの唄」とは?「生きる」「ごちそうさん」でも登場
「マッサン」放送時間と曜日、再放送、再視聴、オンデマンド、DVD発売等まとめ
「マッサン」出演キャストとモデルとなった人物まとめ
「マッサン」ヒロイン・エリーのモデル 竹鶴リタの生涯とは?
「マッサン」鴨居欣次郎(堤真一)モデル 鳥井信治郎の名言「やってみなはれ」
マッサン第16週・副タイトル「人間到る処青山有り」の意味は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑