マッサン夫婦・無職浪人時代の収入源、支出

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「マッサン」より。

住吉酒造を退職して以来、金欠にあえいでいるマッサン夫婦。家賃の支払いはどうなったの?等の疑問点はありますが(笑)、なんとか生活は成り立っているようです。この記事では、退職後の夫婦の主な収入源、支出をまとめてみます。

亀山家の定期収入

マッサン

△食堂「こひのぼり」の皿洗いバイト

エリー

△教会の歌声教室オルガン伴奏
△家主・野々村家での家庭教師

亀山家の単発、臨時収入

エリー

△下駄の鼻緒付けの内職
△鴨居商店の街頭広告(ちんどん屋)
=マッサンと鍋島広告社(鴨居商店)が揉めたので、鴨居欣次郎が詫びの気持ちを込めて多めにお金を渡している。
△鴨居欣次郎の通訳
△広島・亀山家での「女中」給金

亀山家の主な支出

▼家賃
▼食費
▼パン焼き釜製作代
▼広島への帰郷交通費
▼「こひのぼり」での酒代(マッサンが浪費)
▼鴨居とマッサンが和解するために高級料亭を予約(第9週)

家賃の支払いはどうなったの?

「歌声教室」や野々村家での家庭教師の仕事がその後も継続的に行なわれているのかは謎ですが、大体亀山家の収支はこんな感じです。家賃の支払いは野々村家での家庭教師の仕事でチャラになっているのでしょうか。詳しくはわかりませんね。

第9週では、なかなか鴨居の元で働く決断ができないマッサンに、家主の野々村が教師の職(月給100円という高待遇)を紹介してきます。悩んだ末にこの仕事を受けようとするマッサンでしたが、エリーはこれに猛反対。このタイミングで、鴨居欣次郎からマッサンの元に年俸4000円という破格のオファーが届きます。

竹鶴政孝の浪人時代 夫婦とも教師

なお、史実の竹鶴政孝(亀山政春のモデル)は、摂津酒造(住吉酒造のモデル)を退職後、桃山中学で化学教師をしていました。妻・リタ(エリーのモデル)は帝塚山中学で英語やピアノなどを教えながら、英語とピアノの個人教師もこなし、生活を支えていました。

関連記事
第6週・マッサンが無職に!竹鶴政孝にも浪人時代があった
マッサン、鴨居商店に入社 【史実→】竹鶴政孝が寿屋に誘われた経緯とは?
マッサン「年俸四千円」当時の価値、物価は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑