ドラマ「ナポレオンの村」限界集落の意味とは?東京都にも限界集落は実在する

スポンサードリンク

TBS系ドラマ「ナポレオンの村」では、「限界集落」という概念が登場します。この記事では、限界集落というワードの意味、ドラマのモデルとなる地域を参考にした限界集落の実情などをまとめます。

「限界集落」の意味とは

「限界集落(げんかいしゅうらく)」とは、過疎・高齢化などにより人口の50%以上が65歳以上の高齢者になった集落を指します。これは高知大学名誉教授の大野晃氏によって1991年に最初に提唱された概念で、単なる「過疎」という言葉では表現しきれない、衰退していく集落の厳しい現状を指摘するため、出来た言葉だとか。

共同体の維持が「限界」を迎える

集落の住民の多くが65歳を超えると、集落の自治、冠婚葬祭、道路等生活環境の維持が困難になり、やがて共同体として生きていくための「限界」を迎えることになります。

こうした生活環境の厳しさからその土地を離れてゆく人も増え、年月の経過とともに集落の平均年齢もさらに上がっていきます。やがて最後の一人が亡くなると、集落は「村おさめ」となり閉村。こうして、永年脈々と受け継がれてきた集落は消滅してしまうのです。

ドラマのモデル・石川県羽咋市神子原地区

ドラマ「ナポレオンの村」のモデルとなった羽咋市の「スーパー公務員」高野誠鮮さんが携わった「神子原(みこはら)地区」も、典型的な限界集落のひとつでした。神小原、千石、菅池の三集落からなる神子原地区は、高齢化率が高く、離村率も激しい場所でした。

冬場は2メートルの雪が積もるこの地の農業は厳しく、高野さんが関わり始めた当時の集落の平均年収は100万円に満たない状態。当然、若い人は金沢など都市部へと流出し、農業放棄地が増加します。年金で細々と農業を続ける高齢者も、夫婦どちらかが亡くなると息子娘らに呼ばれ、町へと下りていくことに。

そうして年々集落の平均年齢は上がっていき、やがて今ある田んぼすら労働力不足により維持管理ができなくなり、自然に還っていく…。いわば集落は「死を待つのみ」の状態だったのです。

「星河市神楽村」東京の限界集落は実在する

ドラマ「ナポレオンの村」では、羽咋市神子原地区での出来事を原案にして、東京都の西端、架空の過疎の村「星河市神楽村」が舞台となります。

東京で限界集落なんて…。と思われるかも知れません。しかし、「東京で唯一の村」として知られる東京都西多摩郡檜原村(ひのはらむら)には実際に限界集落が複数存在しますし、都市部においてすら、新宿区の戸山団地のように住民の世代構成的に限界集落の条件を満たしている場所があります。

また、多摩ニュータウンや光が丘団地、それに各地にある分譲型の戸建ニュータウンでも高度経済成長期に一斉に入居した人々が高齢者となっています。こうした地区でも後継者である若者の都心部や外部への流出は顕著であり、やがて地域共同体の維持が難しくなるのではないかと言われます。

▲埼玉県草加市の松原団地。1962年(昭和37年)に入居が開始された。多くの人々の生活を支えた各地のマンモス団地も、近年は高齢化が進み、空室が激増中。
Photo By: pinboke_planet

日本の縮図「現状維持」が大好き

ドラマ「ナポレオンの村」は、今後日本全国で直面するであろう「高齢化問題」を扱うことになります。高齢者が増えれば「現状維持」「変わらないこと」が最優先される…言ってみれば先細り国家・日本の縮図のような出来事が限界集落では起きているわけで、都市部、農村部いずれに住む人々にとっても考えるべきテーマが含まれるドラマとなりそうです。

関連記事
【ナポレオンの村】東京都星河市神楽村 モデル地区、ロケ地は
「ナポレオンの村」浅井栄治のモデルは羽咋市役所「スーパー公務員」高野誠鮮さん
「ナポレオンの村」主要キャスト、登場人物まとめ
【ナポレオンの村】浅井を奮い立たせるナポレオン・名言の数々【ドラマタイトルの由来】
【ナポレオンの村】神楽村の「滝壺レストラン」 モデルとなった店は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑