【ナポレオンの村】若手女子職員・鈴木甘菜 演じるのは女優・水谷果穂

スポンサードリンク

TBSドラマ「ナポレオンの村」より。

農林商工課の若手女子・鈴木甘菜

主人公・浅井栄治(唐沢寿明)が赴任する東京都西端の星河市役所農林商工課の中で、唯一といっていいほど「まともな感覚」を持ち、当初から浅井の考えを支持する若手女性職員がいます。

彼女の役名は鈴木甘菜(すずきかんな)。曲者のベテラン職員が幅を利かせる農林商工課の中で唯一の20代女子で、情熱を持って行動する浅井を「浅井さんは正しい」と賛同する、真っすぐな心を持っています。

甘菜はその若さや可愛さを先輩女性職員の安藤黎(千賀由紀子)に嫉妬されこき使われてしまうのですが、そこはまだまだ若手でありヤル気も十分。周囲の事なかれ主義、減点主義に飲み込まれず純粋に仕事に向き合う誠実さを持っています。

演じる女優・水谷果穂 静岡県出身の17歳

変人揃いの課内において一服の清涼剤ともいえる鈴木甘菜を演じるのは、女優の水谷果穂(みずたにかほ)。1997年静岡県生まれの17歳で、事務所は「研音」に所属しています。「ナポレオンの村」では社会人である鈴木甘菜役を演じており、実年齢よりは大人びて見えますね。

「家族の裏事情」「地獄先生ぬ~べ~」「夢の通り道」

水谷果穂は2013年にテレビ東京ドラマ「リアル脱出ゲーム 密室美少女」の黛ちはや役、フジテレビドラマ「家族の裏事情」の石和千代美役、2014年に日本テレビドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」の中島法子役を演じています。

また、2015年7月からは日本テレビ(BS日テレ)「夢の通り道」のナビゲーター役を務め、2015年10月17日公開の映画「先輩と彼女」では桃谷木綿子役として出演するなど、若いながらも少しずつ活躍の幅を広げています。

読書好き

水谷果穂は趣味として「読書」を挙げています。

彼女のオフィシャルブログ「みずたにいろ」によれば、重松清(小学生の時にすでに読んでいたらしい)、今邑彩、角田光代、伊坂幸太郎、有川浩など数多くの作家をお気に入りとして挙げており、どうやら本当に読書好きのようです。

現在は地元・浜松の高校に通いながらの芸能活動ということになるようですが、正統派美人の女優さんとして、今後目に触れる機会が増えていきそうです。

関連記事
【ナポレオンの村】星河市役所に勤務する主要メンバー一覧
【ナポレオンの村】ムロツヨシは市長の腰巾着 課長・山田大地を演じる
【ナポレオンの村】麻生久美子は農林商工課・岬由香里役

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑