【なつぞら】「マコプロダクション」に精鋭が集結 モデル会社は?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」に登場する架空のアニメ製作会社「マコプロダクション」についてまとめます。

また、「マコプロダクション」にモデルとなる会社があるのかについても予想します。

イタリアから帰国したマコ 「マコプロ」設立

坂場渾身の一作「神がつかんだ少年クリフ」に感動を覚えたマコこと大沢麻子(貫地谷しほり)は、アニメーション業界に復帰する決意を固め、東京・吉祥寺に自ら製作会社を立ち上げていました。

マコが設立したアニメ製作会社「マコプロダクション」には、真っ先に参加を表明した下山をはじめ坂場、モモッチ、神地、そして最終的にはなつ、洋平と、東洋動画の精鋭たちが次々に集うことになります。女性のアニメーターが母親になっても安心して働ける少数精鋭の会社づくりを目指し、マコは新しい挑戦を始めます。

「三代目カポネ」「大草原の小さな家」をアニメ化

この「マコプロダクション」ではまず、先に移籍していた下山がキャラクターデザインを手掛けるアニメ「三代目カポネ」の製作が行われます。「三代目カポネ」は日本で馴染みがない大人向けのアニメーション。あの「ルパン三世」がモデルと考えられます。

さらに、坂場や神地らが集結したマコプロダクションでは、小説「大草原の小さな家」をアニメ化することになります(→大草原の少女ソラ)

以下のリンク先の記事に詳しくまとめましたが、史実では「大草原の小さな家」は1975年に「草原の少女ローラ」という題名で、「日本アニメーション」という会社の製作によりテレビアニメ化されています(TBS系)。「ソラ」は「アルプスの少女ハイジ」もモチーフとなっていそうです。

【なつぞら】「大草原の少女ソラ」モデルは「草原の少女ローラ」(大草原の小さな家)、「ハイジ」?

マコプロダクション=Aプロ、ズイヨー映像・日本アニメーション?

マコプロダクションのモデルですが、「ルパン三世 (TV第1シリーズ)」を作り上げた「Aプロダクション」、ならびに「大草原の小さな家」「アルプスの少女ハイジ」をアニメ化した「日本アニメーション(旧・ズイヨー映像)」ではないかと予想します。

「太陽の王子 ホルスの大冒険」の不振などもあり東映動画を去った高畑勲氏(坂場モデル)は、盟友の宮崎駿氏(神地モデル)、小田部羊一氏(なつモデル・奥山玲子氏の夫。洋平モデル?)とともに「Aプロダクション(後のシンエイ動画)」に移籍。そこで「ルパン三世 ・TV第1シリーズ(下山のモデル・大塚康生氏がキャラクターデザインを担当)」、「パンダコパンダ」などを手掛けた後、再び宮崎、小田部両氏とともに「ズイヨー映像」に移籍しています。

このズイヨー映像では三人による強力タッグが組まれ(演出高畑、作画監督小田部、レイアウト宮崎)テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」が製作されたほか、日本アニメーションに改組された後には「大草原の小さな家」をアニメ化した「草原の少女ローラ」も製作されています(仲のモデル・森康二氏がキャラクターデザイン、作画監督として参加)。

また、なつのモデルとされる奥山玲子氏も、東映動画を退職後に各氏から遅れて日本アニメーションに移籍しており(1976年)、東映動画の精鋭が続々と集っていく展開、そして「ルパン三世」「大草原の小さな家」「アルプスの少女ハイジ」がAプロ、日本アニメーションでそれぞれアニメ化されたという史実が、劇中の「マコプロダクション」と重なります。

※「草原の少女ローラ」の製作スタッフに高畑、宮崎、奥原各氏の名はありません。

「虫プロダクション」要素も?

なお、マコのモデルとされる中村和子氏は結婚して東映動画を退職した後に、手塚治虫や夫からの要請を受けて「虫プロダクション」に入り、アニメーターとして復帰しています。つまり、「結婚後にマコが仕事復帰し自ら製作会社を立ち上げる」という流れは、ドラマのオリジナルストーリーということになりますね。

下山のモデルとされる大塚康生氏は東映動画を一足早く退社してAプロダクションに移籍し、大人向けアニメ「ルパン三世 ・TV第1シリーズ」のキャラクターデザインを担当。視聴率不振のゴタゴタなどから子供向けアニメへの転換を迫られると、大塚氏はAプロに移っていた高畑、宮崎両氏に「ルパン」の演出を依頼しています。

モモッチモデル・保田道世氏もAプロ、そして遅れて日本アニメーションに移っていますね。

以上から「マコプロダクション」は、大塚、高畑、宮崎氏らが揃い「ルパン三世」を作り上げた「Aプロダクション」、そして中村和子氏が業界復帰をした「虫プロダクション」の要素も含まれそう(「虫プロ」「Aプロ」そして「マコプロ」と、名前も似ていますね)。前述の「日本アニメーション」を含め、東映動画の精鋭たちが流れ込んだこれらの会社がモデルとなっていそうです。

高畑勲、宮崎駿、保田道世各氏は後にあのスタジオジブリの名作を作り上げる戦友となるわけであり、若き坂場、神地、モモッチらのマコプロでの奮闘が、輝かしい未来を予感させます。

「なつぞら」に登場する東京の地名 中央線沿線が多め?
【なつぞら】東洋動画 モデルは東映動画(東映アニメーション)か

朝ドラの見逃しはU-NEXT無料トライアル利用がお得!「白蛇伝」も!

朝ドラを見逃した場合は、NHKオンデマンド(有料)での動画視聴が可能です。

また、日本最大級の動画配信サービスU-NEXT がNHKオンデマンドとも提携しています。

こちらのU-NEXTのページ から31日間無料トライアルに申し込むと、特典として無償でもらえるU-NEXTポイント(1,000円分)を利用して、NHKオンデマンド・見放題パック(972円相当)を最大一ヶ月間、お試し体験できます

2019年8月現在、U-NEXTでは「白蛇伝」「フランダースの犬(全52話)」「母をたずねて三千里(全52話)など、高畑勲、宮崎駿、奥山玲子ら「なつぞら」ゆかりのアニメーターが関わった作品も見られます。

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑