【なつぞら】煙カスミ(戸田恵子)が歌った昭和の歌謡曲まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」では、戸田恵子演じる歌手・煙カスミが懐かしい昭和の歌謡曲を歌うシーンが登場します。

この記事では、劇中で煙カスミが歌った歌謡曲についてまとめます。

歌手・煙カスミとは

煙カスミは、咲太郎が働いていた新宿の伝説の劇場「ムーラン・ルージュ新宿座」の歌い手でした。同劇場が閉鎖してからは、クラブ「メランコリー」で流行歌を歌い、その声量とつややかな歌声で観客を魅了し続けています。

煙カスミを演じる戸田恵子は女優・声優(アンパンマン、機関車トーマス役ほか)として広く知られますが、もともとは16歳の時にアイドル演歌歌手・あゆ朱美としてデビューした過去を持ちます(ブレイクせず。その後、女優、声優の道へ)。50歳を超えた2007年からは歌謡歌手としての活動を本格的に再開しており、戸田恵子の持ち前の歌唱力が「なつぞら」で存分に披露されていきそうです。


以下、煙カスミが劇中で披露した流行歌をまとめます。新たな曲が登場した場合は随時追記していく予定です。

リンゴ追分(美空ひばり)…5月1日、第27回放送

▼津軽の名産・りんごが広く大衆に認知されるキッカケともなった「リンゴ追分」。

煙カスミの初登場シーンとなった第27回放送で歌われたのが、美空ひばりの「リンゴ追分」。角筈屋の茂木一貞の紹介でクラブ「メランコリー」にやってきたなつは、煙カスミが歌う「リンゴ追分」の世界観に魅了されてしまいます。

「リンゴ追分」は1952年(昭和27年)にシングル曲として発売されると、当時としては戦後最大の売上となる70万枚を売り上げを記録。美空ひばりの代表曲のひとつとなっています。

ガード下の靴みがき(宮城まり子)…5月21日、第44回放送

昭和31年春、上京したなつが雪之助、雪次郎を誘ってメランコリーに行った際にカスミが歌っていた曲「ガード下の靴みがき」。「赤い夕日がガードを染めて〜」の歌い出しで始まる歌詞は、父を亡くし母が病気だという貧しい靴みがきの少年を歌ったもの。なつはこの曲を聞いて、戦後の上野で兄妹とともに靴みがきをした懐かしい日々を思い出します。

「ガード下の靴みがき」は、昭和30年に歌手の宮城まり子が歌い大ヒットしています。宮城まり子は後に日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』で声優(白娘役)を務めるとその後女優業に進出しており、「なつぞら」のアニメーション篇に繋がる伏線とも言えそうな選曲です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑