【なつぞら】仕上課上司・石井富子 演じる女優は梅舟惟永

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」に登場するなつの上司・石井富子についてまとめます。

石井富子役を演じているのは、女優の梅舟惟永(うめふね・ありえい)です。

仕上課の上司・石井富子

念願かなって東洋動画に入社することが出来たなつは、「仕上課」という部署に配属されることになります。

この仕上課でなつの直属の上司となるのが、ベテラン社員の石井富子です。

富子は10年近く仕上げの仕事に携わっている叩き上げのスタッフで(アラサー女子)、入社したばかりのなつを指導していきます。なつの仕事ぶりをほめつつも「遅い!」とツッコむなど、なかなか厳しい上司のようです。

モモッチによれば、女子社員たちは富子のことを陰で「富さん」「お富さん」、腹が立った時には「富コウ」と呼んでいるとのことで、その厳しさが恐れられています。

女優・梅舟惟永

石井富子を演じているのは、早稲田大学の演劇サークル「早稲田大学演劇倶楽部」出身の31歳の女優・梅舟惟永(うめふね・ありえい)です。

早稲田大学演劇倶楽部といえば、作画監督・井戸原昇役で「なつぞら」に出演中の俳優・小手伸也が同サークルの出身であり、梅舟惟永の先輩にあたります。

【なつぞら】作画監督・井戸原昇 俳優・小手伸也が演じる


2007年に同期のメンバーと演劇ユニット「ろりえ」を立ち上げ継続的に舞台活動を行うとともに、「劇団競泳水着」「オーストラマコンドー」などの公演にも出演。

2008年の劇団競泳水着「真剣恋愛」への出演で佐藤佐吉賞最優秀助演女優賞を受賞したほか(2010年には佐藤佐吉賞優秀主演女優賞も受賞)、2010年には雑誌「演劇ぶっく」による期待の俳優に選ばれています。

ドラマ「ガラスの家」「梅ちゃん先生」

映画、テレビドラマなどの映像作品にも多数出演しています。

映画「GANTZ」(2011年)、「くじけないで」(2013年)、「マエストロ!」(2015年)、テレビドラマ「お天気お姉さん」(2013年・テレビ朝日)、「アイアングランマ」(2015年・NHK BSプレミアム)、「64(ロクヨン)」(2015年・NHK)、「僕のヤバイ妻」(2016年・関西テレビ)ほか多数作品に脇役で出演。

2013年放送のNHKドラマ10「ガラスの家」では、斎藤工演じる澁澤仁志と交際し結婚を夢見る芥川賞作家・後藤菜々美役で出演し、印象を残しています。

また、TBS「報道の魂」(2011年、2013年)、「JNN報道特集」(2014年)やテレビCM「クラレ(高梨沙羅・独創編)」「パナソニック」などでナレーションを務めるなど、声の仕事でも活躍を見せています。

NHK朝ドラは2012年の「梅ちゃん先生」でヒロイン・梅子が通う城南女子医学専門学校の上級生・工藤啓子役を演じており、「なつぞら」で久しぶりの朝ドラ出演を果たします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑