信長協奏曲・徳川家康を演じる濱田岳 今年は栗山善助でもブレイク

スポンサードリンク

11月3日(月)放送のフジテレビ系ドラマ「信長協奏曲」。第4回目となるこの日の放送では、後に「天下人」となる人物・松平元康(濱田岳)が登場します。

松平元康=徳川家康

濱田岳が演じるとなんとも頼りないキャラクターになってしまうのですが、この松平元康こそ後の天下人、徳川家康です。

松平元康は三河の弱小豪族の生まれ。幼い頃から織田家、後に人質交換により今川家に人質としてそれぞれ数年間預けられていたという過去があります。漫画原作の松平元康は、幼少時代に織田家に預けられていた時期にサブロー(ニセ信長=小栗旬)と仲良く遊んでいます。サブローの影響で女性に興味が出てしまったという設定でした。

サブロー(信長)と仲良しに

ドラマの松平元康は、第四話において「徳川家康」と改名する場面から登場します。

第3話で描かれた「桶狭間の戦い」で、織田と戦った今川義元(生瀬勝久)側の軍勢として参加していた松平元康。今川が敗れたことで元康は織田と同盟を結ぶためにサブローの居城へとやってきます。

先の戦いで今川勢として戦ったことを詫びた元康は今後織田家に従うことを誓い、自らの名も徳川家康に改名すると宣言します。歴史に疎いサブローもさすがに「徳川家康」という名前は知っているのですが、この人物が何を成し遂げたかのかイマイチわからないまま、家康と距離を近づけていくことになります。

栗山善助、金八、アヒルと鴨… 俳優・濱田岳とは

徳川家康を演じている濱田岳は子役上がりで、現在は様々な映画、ドラマで活躍する若手個性派俳優。特に少し気が弱い、気のいい青年を演じさせると存在感を発揮する俳優さんです。

2004年の「3年B組金八先生」で生徒・狩野役を演じたことで本格的に俳優の道へ。2008年の映画「アヒルと鴨のコインロッカー」ではアパートで一人暮らしをする「平凡な大学生」を非凡なまでに平凡に演じ、高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞しています。

今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」で主君・官兵衛(岡田准一)を愛して止まない筆頭家臣・栗山善助を演じていることで濱田岳の顔を知っている人も多いでしょう。

善助と家康では歴史上の重要度が大きく違いますが、「信長協奏曲」での家康は善助同様、人なつっこい温和な人物として描かれるようなので、濱田岳らしい演技が期待されます。

小泉美雪との年の差・身長差婚で話題

なお、濱田岳は2011年にモデルの小泉美雪と結婚しています。小泉の方が9歳年上、身長も19センチ高い(濱田160センチ、小泉179センチ)という「年の差・身長差婚」が話題になりました。2012年には女児が誕生しています。

関連記事
「信長協奏曲」浅井長政役で高橋一生が登場 「軍師官兵衛」では井上九郎右衛門役
ドラマ「信長協奏曲」を途中から見始めた人のための物語設定・基礎知識まとめ
月9ドラマ「信長協奏曲」出演者・キャストまとめ
「軍師官兵衛」に濱田岳が登場 演じる栗山善助は後に「黒田二十四騎」に
【信長協奏曲】妹・お市(水原希子)が登場 おいっちゃんはサブローが大好き?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑