「ノーサイド・ゲーム」第1話に登場したロケ地、撮影地まとめ

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」第1話の主要ロケ地、撮影場所(東芝府中事業所、たちかわ創造舎、鴻巣市総合体育館、東京農工大学小金井キャンパス、埼玉県営熊谷ラグビー場など)をまとめます。

東芝府中事業所とグラウンド(東京都府中市)

トキワ自動車府中工場、アストロズ練習場として登場

君嶋(大泉洋)が飛ばされたトキワ自動車府中工場の風景ならびにアストロズの練習場は、東芝府中事業所と同事業所に併設されている天然芝グラウンドで撮影が行われています。

ジャパンラグビートップリーグの強豪・東芝ブレイブルーパスの本拠地として知られます。

詳しくは…
「ノーサイドゲーム」ロケ地・東芝府中グラウンド アストロズ練習場(トキワ自動車府中工場)

その他、府中市内のロケ地は以下の記事にまとめています。
日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」 府中市内の撮影ロケ地まとめ

埼玉県営熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)

プラチナリーグ「アストロズ対サイクロンズ」の試合会場として登場

ラグビーのトップリーグである「プラチナリーグ(架空)」の試合会場として登場。美しい芝生とスカイブルーの観客席が印象的でした。

熊谷スポーツ文化公園内にある埼玉県営熊谷ラグビー場は、ラグビーワールドカップ2019開催のために改修が進められ、2018年夏に完成しています。

たちかわ創造舎・グラウンド(東京都立川市)

博人がいじめられていた校庭として登場

君嶋の長男・博人(ヒロト=市川右近)がいかにも生意気そうなキッズたちにいじめられていた校庭。

たちかわ創造舎は、廃校となった旧立川市立多摩川小学校の校舎や体育館を活用した文化施設。市民の文化的活動を支える場として活用されています。

鴻巣市総合体育館(埼玉県鴻巣市)

府中工場の体育館として登場

君嶋が府中工場に赴任した直後、千人近い工場社員から歓迎を受けた体育館。君嶋は工員たちから胴上げという手荒い歓迎を受け、心のモヤモヤが晴れるような感覚を覚えています。

詳しくは…
「ノーサイド・ゲーム」ロケ地 鴻巣市立総合体育館(トキワ自動車府中工場体育館)

東京農工大学小金井キャンパス(東京都小金井市)

城南大学キャンパスとして登場

君嶋と柴門(大谷亮平)が通っていた名門私立大学・城南大学のキャンパスの風景として登場。君嶋はこのキャンパスで憧れの「シオリちゃん」と柴門がいちゃつく様子を恨めしそうに見届けており、これが君嶋のラグビー嫌いの原因になっています。

東京農工大学は専門性の高い名門国立大学として知られます。小金井キャンパスには主に工学部、府中キャンパスには本部と農学部が置かれています。

詳しくは…
「ノーサイド・ゲーム」ロケ地 東京農工大学小金井キャンパス 城南大学のシーン

丸の内二重橋ビル(東京都千代田区)

トキワ自動車本社外観として登場

君嶋が勤めていたトキワ自動車本社ビルの外観。

丸の内二重橋ビルは帝国劇場にも隣接した丸の内の一等地にある商業、オフィスビル。同地に建っていた「富士ビルヂング」「東京商工会議所ビル」「東京會舘ビル」の3棟を一括で建て替え、2018年10月に竣工しています。

大手町パークビル(東京都千代田区)

トキワ自動車本社ロビーとして登場

トキワ自動車本社ビルの1階入口部分、ロビー空間の風景として登場。

大手町パークビルは、大手町駅にも直結したオフィスビル。

FC東京小平グラウンド(東京都小平市)

クラブチーム・FC東京の練習風景として登場

いかにアストロズの現状がダメであるかを君嶋が力説する中で、人気サッカークラブチームの事例としてスチール写真にて登場。選手たちが積極的にファンサービスを行う、地域に根ざしたチームであることが示されました。

その他、撮影協力

その他、撮影協力として以下の施設、団体が挙げられています。

並木通り商店街、ニッキ、石勝、リコー、丸の内15丁目プロジェクト、ホテルグリーンタワー幕張、クボタ、丸の内仲通り、フォレスト・イン昭和館など

「ノーサイド・ゲーム」第2話に登場したロケ地、撮影地まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑