「ノーサイドゲーム」女子社員・藤島レナ 演じる女優は阿部純子

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」に登場する女子社員・藤島レナについてまとめます。

また、藤島レナを演じる女優・阿部純子の経歴も簡単にまとめます。

アストロズの熱狂的ファン 女子社員・藤島レナ

藤島レナは、トキワ自動車本社の海外事業部に所属する女子社員。社内でも数少ないアストロズの熱狂的なファンであり、週末にはスタジアムに足を運び、熱心にアストロズの応援を行っています。

そんなレナのもとに、ニュージーランド帰りだという中途入社の新人・七尾圭太(眞栄田郷敦)が配属されます。レナは七尾の教育係を任されるのですが、飄々としてマイペースな仕事ぶりを見せる七尾に対し、レナは苛立ちを隠せません。

ある日、レナは七尾の意外な一面を知ることになります。七尾がニュージーランドで活躍していたラガーマンであること、ある挫折によりラグビーの道を諦めたこと、そしてアストロズから熱心に誘われているがラグビーはもはや趣味程度にしか考えていないこと…。

ラグビー通のレナにとって、ひと目見た七尾の実力は一目瞭然。レナのラグビーへの熱い思いは閉ざされていた七尾の心を動かし、アストロズの未来をも変えていくことになります。

モデル、女優・阿部純子

物語中盤で重要な役割を演じる藤島レナを演じるのは、大阪府出身の26歳の女優・阿部純子(あべ・じゅんこ)です。

小学生時代に阪急百貨店の広告モデル、中学生時代にはファッション誌「Hana* chu→」(主婦の友社)の専属モデルを務めるなど、早くからその美少女ぶりが注目されていた阿部純子。

2010年には映画「リアル鬼ごっこ2」(当時の芸名は吉永淳)でヒロイン役に抜擢され、柴田一成監督から女優としての素質を絶賛されています。

「2つ目の窓」「とと姉ちゃん」

2014年には河瀨直美監督の映画「2つ目の窓」で村上虹郎とともにW主演。鹿児島・奄美大島を舞台に男女の出会い、人間の生死を描いた同作品は、第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されるなど高い評価を獲得し、阿部純子自身もサハリン国際映画祭主演女優賞、高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しています。

同作品を通して女優としての力不足を感じたという阿部純子。より高みを目指して渡米しニューヨーク大学演劇科で学ぶと、帰国後にはNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」への出演を勝ち取っています。

「とと姉ちゃん」で阿部純子が演じたのは、ヒロイン常子(高畑充希)の女学校時代からの親友・中田綾役。名家のお嬢様育ちながら嫁ぎ先で苦労を重ね、カフェーの女給として働いた後に常子の雑誌づくりを手伝うなど、波乱に満ちた女性役を好演しています。

▼阿部純子がヒロイン(二役)を演じた、2019年公開の映画「ソローキンの見た桜」。ロシア兵捕虜と、その看護にあたっていた日本人看護婦の許されざる恋を描きます。少しエキゾチックで眼力があり憂いもある…女優・阿部純子の存在感は今後も増していきそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑