「陸王」行田市民駅伝・開催概要、ロケ地、コース、参加チームまとめ

スポンサードリンク

12月10日放送のTBS系ドラマ「陸王」第8話で描かれた、「行田市民駅伝」(行田市民駅伝競走大会)。

この記事では、行田市民駅伝の大会の概要、コース(撮影ロケ地)についてまとめるとともに、出場した「陸王チーム」の参加メンバーと走順、その他の出場チームについてまとめます。

市民駅伝に参加「陸王開発チーム」

椋鳩通運の江幡晃平(天野義久)の提案もあり、「第19回・行田市民駅伝」に出場することになった「チーム陸王」。

開発が頓挫しかけている陸王開発チームにとって駅伝出場は良い気分転換になるとともに、シューズの宣伝、ならびに実際に走るランナー達の気持ちを理解する絶好の機会になるとあって、あけみや安田たち社員たちもヤル気十分です。

行田市民駅伝・大会概要

この「行田市民駅伝」は、ドラマ上の架空の大会と考えられます。
(※「浮き城のまち 行田駅伝競走大会」という大会は実在します)

江幡が持ってきた大会のチラシによれば、開催日は2018年2月18日(日)で午前11時のスタート。参加チームは応募順に先着約50チームで、区間に関わらず男女混合のチーム編成で出場が出来るとのこと。10位以内に入賞すると、地元誌に写真とインタビュー記事が掲載される特典付きです。

また、大会のオープニングイベントとして「Little Good Monsters」なる(架空の)グループが開会パフォーマンスを行ない、ゲストランナーとして日本女子代表の小林里香(こちらも架空のランナー)も登場するとのこと。※いずれもドラマ上のフィクションの設定であり、実際に開催されるわけではありません…笑。

駅伝のコースは?(撮影ロケ地、エキストラ)

駅伝のコースは、行田市のシンボルである水城公園の池がスタート地点で、そこから忍城埼玉古墳群(さきたま古墳公園)などを巡り、再び水城公園へと戻ってくる一周約4kmほどの周回コース。

この周回コースを6人のランナーがタスキを繫いで走破します(つまり合計24km?)。

▼美咲が激走し、宮沢社長がケガ人を助けた埼玉古墳群・二子山古墳付近。


行田市のホームページによれば、「行田市民駅伝の終了シーン(@水城公園)」の撮影が2017年11月29日に行われ、これにあわせてエキストラ300名ほどを募集していたようです。

行田市駅すぐ裏の忍川沿いの道も撮影地となりました。最終区、この川沿いで大地が激走し、女性ランナーを抜き返していました。

陸王チームの出場者、走順

1区 江幡晃平(天野義久)

…陸上経験者として堅実な走りを見せた。

2区 仲下美咲(吉谷彩子)

…若者らしくしっかりとタスキを繫ぐ。

3区 正岡あけみ(阿川佐和子)

…意気揚々とスタートしたものの途中でバテて、フラフラになりながらゴール。

4区 坂本太郎(風間俊介)

…怪我の安田に代わり急遽出場。変なフォームながら、隠れてジョギング練習を積み重ねており、努力の成果を見せる。

5区 宮沢紘一(役所広司)

…タスキを受けた時点で10位。しかし、怪我をしたランナーをおぶって助けたために順位を落とす。

6区 宮沢大地(山崎賢人)

…大健闘の走りを見せて数人抜き返すが、惜しくも11位でゴール。

他の参加チームは?

5区・宮沢紘一がタスキを受けた時点での順位は以下の通り。市内のランニング愛好団体などが参加しているらしく、あの「埼玉中央銀行行田支店」も参加。

1位 行田市消防署A
2位 チーム・去年は準優勝でした
3位 行田ランニングクラブA
4位 行田ランニングクラブB
5位 スポーツショップハシモト
6位 行田市陸上競技協会
7位 行田商店街選抜ランナーズ
8位 埼玉中央銀行行田支店陸上サークル
9位 行田市内を走り隊
10位 チーム陸王

関連記事
【陸王】撮影ロケ地まとめ(埼玉県、群馬県、栃木県、愛知県)
【陸王・豊橋ロケ地】撮影場所まとめ 市役所、駅前大通、広小路、市電
【陸王ロケ地】ニューイヤー駅伝「第5中継所」撮影地は「行田市民プール」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑