【陸王】茂木裕人、毛塚直之、サイラス・ジュイのプロフィール・経歴(テレビテロップより)

スポンサードリンク

TBS系日曜ドラマ「陸王」内の「豊橋国際マラソン」でデッドヒートを繰り広げた三選手、茂木裕人、毛塚直之、サイラス・ジュイ。

この記事では、「豊橋国際マラソン」のテレビ放送画面上に登場した「選手プロフィール」テロップの内容をまとめます。

ジュイが優勝、茂木はケガで棄権

国内でも有数の大会だという「豊橋国際マラソン」(ドラマ上の架空の大会)。レースは40km過ぎまで茂木裕人(竹内涼真)、毛塚直之(佐野岳)、サイラス・ジュイ(本人役)の三つ巴の展開となりました。

結局レースはサイラス・ジュイが2時間8分44秒前後で優勝。そこから5秒ほど遅れて2位に毛塚直之が入り、40kmを超えて先にスパートを仕掛けた茂木裕人は40.67km付近で転倒し、途中棄権となっています。

なお、このレースを見た宮沢紘一(役所広司)とスポーツ用品店経営の有村融(光石研)は、三人のうちサイラス・ジュイだけが人間本来の走りである「ミッドフッド着地」であり、茂木と毛塚は「ヒール着地」であることを指摘しています。

以下、増田明美が実況を担当したテレビ中継中に画面上に表示された、各選手のプロフィールを引用します。

テロップのプロフィール内容

ゼッケンNo.05 サイラス・ジュイ(ケニア) 所属:セブスポーツ

身長171cm 体重52kg 30歳 流通経済大出身
’16豊橋国際マラソン優勝 ’16北海道マラソン2位
札幌国際ハーフマラソンでは3度の優勝

トップ三選手のうち唯一本人役、実名で登場したサイラス・ジュイ。サイラス・ジュイは実際に日本を舞台に活躍しているケニア人ランナーで、上記「’16豊橋国際マラソン優勝」の部分以外はすべて事実の内容です。

【陸王】優勝者サイラス・ジュイ(ケニア) 「豊橋国際マラソン」で自己最高記録(幻)を出してしまう

ゼッケンNo.11 毛塚直之(日本) 所属:アジア工業

身長170cm 体重53kg 23歳 明成大出身
’16箱根駅伝第5区区間1位
大学時代は箱根駅伝4回出場 東西大茂木とは大学時代からライバル関係

実業団・アジア工業に所属する毛塚。名門・明成大学(架空)のエースだった毛塚は箱根駅伝に四年連続で出場し、大学4年生だった2016年には5区・山登りで区間賞を獲得しています。

原作によれば、この年の明成大学は往路復路を制し完全総合優勝を成し遂げたとのこと。

ゼッケンNo.12 茂木裕人(日本) 所属:ダイワ食品

身長185cm体重68kg 23歳 東西大出身 
’16箱根駅伝 第5区区間2位
大学時代は箱根駅伝4回出場 毛塚とデッドヒートを繰り広げた

毛塚のライバルである、東西大学(架空)出身の茂木。毛塚と同じく箱根駅伝に四年連続で出場し、大学4年生には5区・山登りでデッドヒートの末に毛塚に逆転を許し、区間2位に甘んじています。

今回の「豊橋国際マラソン」は、社会人選手として歩み始めた茂木にとって、箱根駅伝のリベンジを果たすためのレースだったのです。

関連記事
【陸王】ジョセフ・オリユク(ダイワ食品のケニア人ランナー)演じるのはジョセフ・オンサリゴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑