【真田丸】梅の兄・堀田作兵衛のモデルは堀田興重 大坂夏の陣で…

スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「真田丸」に登場する堀田作兵衛(藤本隆宏)という人物の概要について、それに、作兵衛のモデルとなった実在の人物についてまとめます。

作兵衛は「大阪の陣」に出陣するとされ、物語終盤まで出番がありそうです。

梅の兄 信繁と幼馴染みの地侍

堀田作兵衛(ほった・さくべえ)は、真田信繁の最初の妻となる梅(黒木華)の兄。父親の代から真田家と信頼関係を結んできた真田郷の地侍(※)です。※地侍(じざむらい)とは、名主などの有力百姓が領主らと主従関係を結び、侍の身分となった者。

作兵衛は地元農民のリーダーであり、平和を愛する心優しい人物です。近隣の領民が作物を嵐にやってくると武器を手に追い返すなど豪気な面も持ちますが、本人は戦よりも畑仕事が性に合っていると考えているようです。

幼馴染みである信繁(堺雅人)とは身分が違うながらも強い信頼関係があり、本音で語り合える仲。作兵衛は信繁を慕い、生涯を通じて信繁の動向を応援していくことになります。

モデルは堀田興重 大坂夏の陣で…

堀田作兵衛にはモデルとなっている人物が存在します。梅のモデルである真田信繁側室「堀田作兵衛の娘」の兄・堀田興重(作兵衛)です。※作兵衛は父と同じ名前を名乗った

興重は、妹である信繁側室「堀田作兵衛の娘」が生んだ長女・菊(ドラマでは別名である「すえ」として登場)を養子として引き取り、育てています。

やがて興重が大阪の陣に出陣することになると、養女・菊を信濃国長窪村の石合十蔵に預けています。興重は信繁とともに大阪夏の陣で討死し、菊は石合十蔵の元に嫁いでいます。

ドラマの堀田作兵衛も大筋で史実の堀田興重(作兵衛)の人生をなぞって描かれるものと思われ、物語中盤から終盤にかけて、作兵衛の見せ場がやってくるものと思われます。

次の記事【真田丸】堀田作兵衛演じる藤本隆宏は元オリンピック選手 異色の俳優では、堀田作兵衛を演じる異色の俳優・藤本隆宏についてまとめます。

関連記事
【真田丸】梅が妊娠 生まれた娘・すえ(阿菊)のその後

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑