【真田丸】きり(長澤まさみ)は戦国のヤンキー?モデルは信繁側室

スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「真田丸」で長澤まさみが演じる女性・きりについてまとめます。

きりは、当初は梅(黒木華)との恋のバトルに敗れますが、やがて真田信繁(堺雅人)の生涯のパートナーになり、その生涯を支えていくことになります。

重臣・高梨内記の娘・きり 戦国のヤンキー?

きりは、真田の郷で育った信繁の幼馴染みで、真田家重臣・高梨内記(中原丈雄)の娘。

性格は何事にも臆せずにハッキリと物を言う性格で、素直ながら少々わがままな面も。男勝り、あっけらかんとした印象を与えるきりですが、秘かに想いを寄せている信繁に対しては素直になれません。

自分の気持ちに蓋をし、同じく信繁に想いを寄せている地侍の妹・梅(黒木華)の恋を応援してしまうなど、少々不器用な面もあります。きりのセリフや行動は現代風で、長澤は周囲から「戦国のヤンキーみたい」だと言われているとか。

信繁とすぐには結ばれない

信繁は、最初の妻として梅を迎えることになります(家格の違いもあり側室として)。きりはといえば、父の勧めで真田家の奥勤めをし、信繁の祖母・とり(草笛光子)が人質となった際には行動を共にするなど、真田家と密接に関わっていくことになります。

きりは信繁と「生涯のパートナーになっていく」とNHKから公表されており、二人は時間をかけながら信頼関係を築いていくようです。

ただし、「最初の妻」梅(黒木華)が亡くなった後にも二人目の妻・春=竹林院=(松岡茉優)、三人目の妻・たか(岸井ゆき)が登場することがわかっており、すんなりときりの想いが叶うわけではなさそうです。

▲長澤まさみは大河ドラマ「功名が辻」(2006年・小りん役)、「天地人」(2009年・初音役)に出演。昨年は旬の女優四人が共演した映画「海街diary」でも話題に。

モデルは実在の側室 娘・阿梅のエピソードが有名

きりのモデルとなっていると思われる人物が、真田信繁の側室だった高梨内記の娘です。この女性は信繁との間に長女・於市(早世)、次女・阿梅をもうけています(※信繁の正室は大谷吉継の娘(?)である竹林院でした)。

この「高梨内記の娘」は実在の人物ですが、詳しい資料が残っているわけではなく、きりに関する人物像設定、エピソードの多くが三谷幸喜による創作となります。ドラマ上、きりは信繁と共に上洛して豊臣家の侍女となり、関白・豊臣秀次に見初められる展開となりますが、こうしたストーリーも創作によるものと考えられます。

ただし次女・阿梅(おうめ)に関しては、信繁が大坂城に入った際に行動を共にしており、信繁がいよいよ最期を迎えるとなると、敵方・片倉重長に阿梅を託したという逸話が残っています。

こうした阿梅のエピソード等を踏まえた上で、「真田丸」ではストーリーをふくらませるために、きり(高梨内記の娘)を「生涯のパートナー」として描くものと思われます。

関連記事
【真田丸】源次郎信繁の四人の妻(正室・側室)梅、春、たか、そして…きり?それぞれのモデル人物
【真田丸】きりが豊臣秀次の側室になったら過酷な運命が…なお史実では
【真田丸】松(村松殿)の人生とは?本能寺の変で行方不明 子供は?
【真田丸】黒木華が演じる梅 実在の人物?モデルは信繁側室か

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑