【下町ロケット】貴船教授(アジア医科大学)役で世良公則が登場

スポンサードリンク

TBSドラマ「下町ロケット」(2015年)に登場する貴船恒広教授(世良公則)についてまとめます。貴船教授は、「ヒール」として佃製作所と敵対関係になっていきます。

※この記事は、2015年放送の「下町ロケット」第1シリーズ当時のものです。

アジア医科大看板教授・貴船恒広

貴船恒広(きふね・つねひろ)は、日本国内の心臓外科分野でトップクラスとされる「アジア医科大学」で心臓血管外科部長の役職にあります。長年に渡り同大学の心臓血管外科を率いてきた「看板教授」で、業界内では学会の重鎮としてかなりの有名人です。

貴船率いるアジア医科大のグループはここ数年、日本クラインと共同で「コアハート」と呼ばれる人工心臓開発に取り組んでいます。「世界最小最軽量」を謳うこのプロジェクトが実現すれば、心臓病患者の負担を大幅に軽減できるという画期的なもの。開発当初から日本クラインが技術、資金面で貴船をバックアップし、ようやく動物実験の段階に入っている段階です。

貴船と一村、佃製作所 やがて敵対関係に

貴船は、「ガウディ計画」を進める佃製作所、北陸医科大学の一村隼人教授(今田耕司)らと敵対関係になっていきます。一村のアイディアである「ガウディ計画」を、Pmeaの滝川信二(篠井英介)、サヤマ製作所の椎名(小泉孝太郎)らと組んで横取りしようと企むのです。

かつて貴船の下にいた一村には、自身が発案した人工心臓「コアハート」のアイディアを貴船に横取りされた過去があります。貴船は無理矢理一村を福井の大学に飛ばし、「コアハート」を自分の手柄としてしまったのです。さらには、数々の難手術をこなしてきたのが実は貴船ではなく一村だった…。そんな過去が、二人の敵対関係をより強固なものにしていきます。

世良公則&ツイスト

世良公則といえば、「世良公則&ツイスト」やソロ活動などの音楽活動で知られますが、1980年代に「明日の刑事」でテレビドラマ初出演を果たして以降、継続的に俳優としても活躍しています。

近年もテレビドラマ「マルモのおきて」(2011年フジテレビ・畑中陽介役)、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(2012年・坂田俊一郎役)、「リバース〜警視庁捜査一課チームZ〜」(2013年日本テレビ・福岡武彦役)に出演。他にもその存在感を活かした脇役として、多数の作品に出演しています。

関連記事
【下町ロケット】貴船と一村の過去とは?元師弟関係の二人が最終回で激突
下町ロケット「Pmea」って何?意味は?実在モデルはPMDA(独立行政法人)
下町ロケット「ガウディ計画」の名前の由来とは?
下町ロケット「北陸医科大学」ロケ地は「埼玉医科大学国際医療センター」
下町ロケット「サヤマ製作所」とは?
【下町ロケット】高島彩演じる咲間倫子(医療ジャーナリスト)とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑