「下町ロケット」真野賢作(若手技術者)とは?

スポンサードリンク

TBSドラマ「下町ロケット」に登場する技術開発部の若手社員・真野賢作(山崎育三郎)についてまとめます。

真野は佃製作所に対する重大な「裏切り行為」を起こすのですが、原作では真野の「その後」についても描かれていますので、あわせてご紹介します。

※この記事は、2015年放送の「下町ロケット」第1シリーズ当時のものです。

技術開発部若手エンジニア・真野賢作

真野賢作は、佃製作所・技術開発部で小型エンジンの開発を手がける若手エンジニア。若いながらも高い技術力と、研究に対する情熱を持っています。

真野も江原(和田聰宏)や迫田(今野浩喜)らと同じく、夢ばかり語る佃社長(阿部寛)の経営方針に反発するのですが、その理由は二人とは少し違っています。

社長に最後まで反発、重大な裏切り行為

江原や迫田が主に給与面や待遇、会社の財務への不安から社長に反発するのに対し、真野は自身の研究分野に対し社長が十分な投資を行なってくれないことに不満を持っています。真野としては、自身が手がける小型エンジンが会社の大黒柱だとの自負があり、ロケットエンジン開発にばかりうつつを抜かす社長が許せないのです。

バルブシステムの特許使用権を巡り帝国重工とやり取りをしていく中で、やがて江原や迫田は社長の情熱を理解し「寝返る」わけですが、真野だけは最後まで反抗的。

ついに真野は、部品供給テストとして帝国重工に提出するバルブシステムの一部を不良品に差し替えるという、重大な裏切り行為に手を染めてしまいます。以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい。

真野のその後 原作では…

ドラマ原作「下町ロケット」「下町ロケット2」には、裏切り行為を行なった真野の「その後」が描かれています。ドラマも大筋で原作通りに進行していますので、ドラマの真野の今後も原作と似た展開になると予想されます。

原作での真野は、自身の裏切り行為の重大さを十分に認識しており、自主的に佃製作所を退職しています。ただし、これだけで真野と佃製作所との関係は終わりません。

退職後も続く真野と佃製作所との関係

真野は退職後、「開発部長・山崎の紹介」として、とある大学の研究所で助手として働き始めます(この働き口が実は佃社長の斡旋によるものだということを、真野は後から知ることに)。

真野はやがてこの研究室で、重い心臓弁膜症患者向けの「人工弁」を研究開発していくことになるのですが、その「人工弁」の完成のために、真野は佃製作所の技術を頼ることになります。

ドラマ後半は「ガウディ計画」!

TBSドラマ「下町ロケット」の物語後半(第6話以降)では、佃製作所は真野からもたらされた新しい課題である「人工弁」(プロジェクトネーム・ガウディ計画)の開発に没入していくことになりそうです。

関連記事
TBSドラマ「下町ロケット」(2018年・続編)主要キャスト、登場人物まとめ①佃製作所、家族
TBS下町ロケット後半「ガウディ計画編」あらすじ、ストーリー
【下町ロケット】二つの派閥「特許使用契約派」「部品供給派」メンバー
【下町ロケット】江原春樹(若手営業部員)演じるのは和田聰宏

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑