下町ロケット「サヤマ製作所」とは?

スポンサードリンク

TBSドラマ「下町ロケット」に登場する企業「サヤマ製作所」についてまとめます。椎名直之社長(小泉孝太郎)が社長を務めるサヤマ製作所は近年急成長した企業で、「ガウディ計画編」において佃製作所のライバルとなっていきます。

※この記事は、2015年放送の「下町ロケット」第1シリーズ当時のものです。

急成長の精密機器メーカー・サヤマ製作所

原作「下町ロケット2」によれば、サヤマ製作所はもともと埼玉県狭山市に本社を置いていた精密機器メーカー。近年は本社機能を東京都心部に移し、旧来からの狭山市の敷地は現在は製造拠点になっているとのこと。

社長の椎名直之はロケット工学が専門で、かつてはNASAに勤めていたという敏腕経営者。椎名は父の後を受けて社長就任すると、社内業務のコストダウン、経営合理化を徹底し、会社を急成長させています。

高い技術力、強引な手法

「NASAのテクノロジー」が売りだというサヤマ製作所は高い技術力を持つとされ、業界内での評判も上々。その一方で、椎名社長の人脈でトップと「直接交渉」をし、大手メーカーと直接契約を結ぶ強引な手法を得意としており、同業者の間では「仕事を横取りされた」などといった不満の声も聞かれます。

バルブシステム、医療分野でもライバルに…

時にはえげつない手法を駆使し業績を伸ばしてきたサヤマ製作所ですが、ロケットエンジンの「バルブシステム」の製造にも着手したことで、佃製作所のライバル企業となっていきます。佃製作所が部品供給を勝ち取っていた帝国重工のロケット搭載用バルブシステムも、突如コンペを開催することが決定。佃製作所は、椎名社長が帝国重工に対し裏で何か工作を行なっているのではないか、との疑念を持っています。

また、椎名社長は佃製作所の技術開発部に所属していた若手エンジニア・中里(高橋光臣)を、佃の社外秘情報もろとも引き抜いています。

中里が佃製作所から盗み出した社外秘情報は、もともと佃製作所の山崎(安田顕)が考案した人工心臓「コアハート」用の改良バルブの設計図。このバルブ案は「コアハート」の欠陥を解決する斬新なデザインながら、設計図通りに部品を完成させるには非常に高い技術力が要求されます。

事を急ぐサヤマ製作所は、いとも簡単に改良バルブを「完成させた」として、日本クラインに部品を提出。その部品を採用した「コアハート」はすぐに試験患者に試されますが、死亡事故が発生し…。

佃製作所と直接対決へ

貴船教授、日本クラインと結託し、拙速なコアハートの開発に関わっていくサヤマ製作所。

サヤマ製作所の偽装を確信した佃製作所は、利益追求に血眼になっているサヤマ製作所と戦う決意をし、神谷弁護士(恵俊彰)も巻き込んだ訴訟合戦、全面対決へと突入していきます。

▼Amazonプライムで「下町ロケット」過去放送回の配信を購入できます(1話324円)。 

関連記事
「下町ロケット」サヤマ製作所・中里淳 演じるのは高橋光臣
「下町ロケット・ガウディ編」新規登場企業、団体、大学まとめ
【下町ロケット】椎名直之(サヤマ製作所社長)演じるのは小泉孝太郎
下町ロケット「ガウディ計画」の名前の由来とは?
【下町ロケット】桜田章(株式会社サクラダ)の過去 演じるのは石倉三郎
【下町ロケット】貴船教授(アジア医科大学)役で世良公則が登場
【下町ロケット】高島彩演じる咲間倫子(医療ジャーナリスト)とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑