「下町ロケット・ゴースト」(2018年)主要キャスト、登場人物まとめ①佃製作所、家族

スポンサードリンク

2018年10月14日(日)から続編として放送されるTBS系日曜劇場「下町ロケット」第2シリーズの登場人物を企業、団体別に分けて紹介します。

この記事では、佃製作所の社員ならびに家族などをまとめます。佃製作所が関わることになる各企業の人物、弁護士などはこちらの記事をご覧ください。

この記事は、原作となる「下町ロケット・ゴースト」を参考に書いています。ドラマで人物設定の変更等があるかも知れませんので、ご了承ください。

佃製作所

東京・大田区にある中小企業。佃航平が社長に就任後、エンジン開発、ロケットエンジンのバルブシステム開発などにチャレンジし、倒産寸前だった経営は上向きに。続編では、大口取引先のヤマタニから新型エンジンの採用を白紙に戻されるなど、再び経営の先行きが怪しくなる。

◎佃航平(社長)…阿部寛

下町の中小企業・佃製作所の社長。父親の死に伴い、二代目として町工場の佃製作所を継いだ。元々は「宇宙科学開発機構(JAXS)」の研究員だったが、ロケット打ち上げ失敗の責任を負って退職した過去を持つ。

「ものづくり」と「義」にアツい航平が社長に就任すると、自社開発の小型エンジンにより売り上げを伸ばし、ロケットエンジンの肝となるバルブシステムの開発にも着手。見事、大手・帝国重工の宇宙プロジェクト「スターダスト計画」のキーデバイスとして部品供給を実現させるなど、佃製作所の技術革新、新しいチャレンジを指揮する。

続編では佃製作所の未来をかけ、トランスミッション(変速機)の分野に挑戦する。

◎殿村直弘(経理部長)…立川談春

メインバンク「白水銀行」から佃製作所に出向していた元銀行員。やがて佃製作所に愛着を覚えるようになり、第1シリーズで正式に佃製作所の社員(経理部長)になっている。

性格は極めて実直、真面目で慎重派。綱渡りの経営が続く佃製作所の資金繰りを支える重要人物で、損得を無視して突っ走りがちな佃を抑止する役割を担うなど、社長からの信頼は厚い。

続編では代々続く米農家を続けてきた父が倒れ、週末を利用して家業の田んぼ仕事を行うことに。両親の老いに直面し、殿村家が紡いできた歴史やサラリーマンとしての自らの立場との間で揺れ動く殿村の姿が描かれる。

【TBS・下町ロケット】殿村直弘を演じる落語家・立川談春

◎山崎光彦(技術開発部長)…安田顕

「技術開発部」の責任者で、とにかく実験、開発が大好きな現場人間。「ものづくり」に対して熱い情熱を持っており、技術部門における社長の右腕的存在。佃の大学の後輩でもある。

普段は無口だが技術、研究成果について語り出すと止まらなくなり、熱弁をふるうことも。

【TBS下町ロケット】安田顕 実験大好き技術部長・山崎を演じる

◎立花洋介(技術開発部・若手技術者)…竹内涼真

若手技術者の中でも特に生真面目な男。冗談が通じないところもあるが、仕事は丁寧で、周囲からも信頼されている若手のホープ。

第1シリーズでは加納アキとともに人工弁「ガウディ計画」の開発担当者に抜擢されており、続編でもアキとともに「ギアゴースト社」向けのトランスミッション用・バルブユニット開発チームに抜擢される。

◎加納アキ(技術開発部・若手技術者)…朝倉あき

技術開発部の「紅一点」である、若手女性技術者。明るく天真爛漫な性格で、第1シリーズでは立花とともに「ガウディ計画」の開発担当者に抜擢された。

続編でも立花とともに「ギアゴースト社」向けのバルブユニット開発チームに抜擢され、社運をかけたプロジェクトに携わる。

【下町ロケット】紅一点・加納アキを演じるのは朝倉あき

◎軽部真樹男(技術開発部・技術者)…徳重聡

続編から新登場する人物で、「ステラエンジン」などを担当してきた中堅技術者。佃製作所に来る前にトランスミッションの開発に携わっており、「ギアゴースト社」向けのバルブユニット開発チームのリーダーとなる。

ぶっきらぼうな性格で、言葉が足らずに若手と衝突することもしばしば。年齢的にいつまでもくすぶっていたくないという忸怩たる思いを持っている…?

◎上島友之(技術開発部・若手技術者)…菅谷哲也

若手技術者の一人。かつてステラエンジンの開発を行っていた時に、ぶっきらぼうな物言いを繰り返す軽部と取っ組み合い寸前の喧嘩をしている。

そのため軽部のことをよく思っていないが、陰で軽部が上島の仕事をフォローしていたことは知らない。

◎津野薫(営業第一部長)…中本賢

佃製作所の主力である小型エンジン関係の販売を担当する営業第一部の部長で、高卒の叩き上げ。

温和な性格であり、ロケットエンジン分野の開発に多額の資金を注ぎ込む社長に理解を示すなど、挑戦を続ける社長に信頼を寄せている。

◎唐木田篤(営業第二部長)…谷田歩

営業一部が扱うモノ以外の製品を担当する、営業第二部の部長。

もともと外資系のIT畑の出身で、徹底した合理的思考を持っている。ライバルとして張り合う情熱派・津野とは意見が合わないこともしばしば。続編でもエンジンの高性能化、スペックの向上ばかりに突っ走る山崎や津野に対し、冷静な意見を投げかけることに。

◎江原春樹(営業第二部・係長)…和田聰宏

営業第二部の社員で、若手のリーダー格。若者主体の社内飲み会をしばしば主催し、コミュニケーションの充実に一役買っている。

営業マンとして仕事に対する熱い心を持っているが、かつては理想や夢ばかりを追い続ける社長に反発していた。

【下町ロケット】江原春樹(若手営業部員)演じるのは和田聰宏

◎迫田滋(経理部・係長)…今野浩喜

経理部係長。仕事は堅実で、江原と並ぶ若手リーダー格。就職氷河期に入社した大卒組。

経理部長・殿村の父が倒れた際には、殿村の代役を務めることになる。

佃家の家族

◎和泉沙耶(元妻・研究者)…真矢ミキ

佃の元妻。佃とは同じ大学の仲間で学生結婚をした。佃も所属していた宇宙科学開発機構(JAXS)に勤務し、研究者として世界中を飛び回っている。

かつては佃との夫婦仲は良かったが、研究職を辞して「金ばかり」の世界に身を投じた夫に幻滅し離婚。家を出て行ってしまった。佃製作所が訴訟を起こされた際には敏腕弁護士・神谷を紹介している。

◎佃利菜(娘)…土屋太鳳

佃の一人娘で、第1シリーズ当時は高校二年生だった。その後、大学を卒業後に研究職として帝国重工に入社。父の背中を追って技術者の道を歩み始める。帝国重工では宇宙航空部に配属されている。

◎佃和枝(母・元専務)…倍賞美津子

佃の母。先代が生きている頃には佃製作所に出入りし、何かと会社に目をかけていた「元専務」。沙耶が家を出て行った後は、利菜の母代わりとなり佃家を支えている。

殿村家の家族

◎殿村正弘(殿村の父・農家)…山本學

殿村の父で、殿村家が代々生業としてきた米作りを受け継ぐ農家。心筋梗塞のために倒れて入院し、農作業ができなくなってしまう。息子には厳しい農業を継がせたくなかったらしく、大学を卒業させてサラリーマンの道を歩ませた。

◎殿村恭子(殿村の母)…立石涼子

殿村恭子に関する詳しい情報は不明。原作には「殿村の母」がして登場している。

◎殿村咲子(殿村の妻)…工藤夕貴

原作では東京・神保町で税理士事務所の事務員として働いている。夫に付き合い週末だけ栃木の義実家に農作業の手伝いに向かうが、ワンシーズンだけという約束をしていることから、当初はあまり乗り気ではない…?今後の人生を悩む殿村を暖かく見守る妻。

続きはこちらの記事で。
TBSドラマ「下町ロケット」(2018年・続編)主要キャスト、登場人物まとめ②関連企業、弁護士

関連記事
「下町ロケット(続編・2018年)」に登場する企業まとめ
TBSドラマ「下町ロケット(2015年)」主要キャスト、登場人物まとめ
【下町ロケット】帝国重工、ナカシマ工業、白水銀行、京葉マシナリー…主要登場企業まとめ
WOWOW版ドラマ「下町ロケット」(2011年)俳優、主要キャスト一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

(AD)

俳優 真田丸 ヒストリア 花子とアン あまちゃん 朝ドラ 食文化 まれ まんぷく 女優 音楽 タモリ倶楽部 陸王 ひよっこ べっぴんさん 下町ロケット 醸造 花燃ゆ わろてんか とと姉ちゃん この世界の片隅に ナポレオンの村 大阪 軍師官兵衛 歴史 半分、青い。 アイドル マッサン 美女と男子 ドラマ ブラタモリ NHK ごちそうさん トットちゃん! 地域文化 サブカル ロケ地 天皇の料理番 視聴率 あさが来た
PAGE TOP ↑