全英女子OPゴルフ・渋野日向子が食べていたお菓子は「タラタラしてんじゃねーよ」(よっちゃん タラタラスティック)

スポンサードリンク

全英女子オープン最終日、15番、16番ホールで渋野日向子選手が食べていたお菓子「タラタラしてんじゃねーよ」(よっちゃん タラタラスティック)についてまとめます。

「スマイルシンデレラ」渋野日向子

2019年の第43回全英女子オープンゴルフで優勝争いを繰り広げ、「スマイルシンデレラ」として一躍国内外から注目を集めている女子プロゴルファー選手・渋野日向子(しぶの・ひなこ)。

ラウンド中にはトレードマークである笑顔とともに繰り返しファンサービスを行い、現地イギリスのファンを魅了しています。

そんな彼女がプレーの合間に栄養補給をする時間、「もぐもぐタイム」も話題になっています。

ラウンド中の息抜きとなる「もぐもぐタイム」では何度もお手製の「おにぎり」(昆布、梅?)を食べていたほか、最終日の15番、16番ホールでは、持参した日本製のお菓子(駄菓子)を食べ、カメラに向けておどけた笑顔を見せています。

よっちゃん「タラタラしてんじゃねーよ」

▼恐らく渋野選手が持参したのは、持ち歩きに便利なこのタイプ。

この時に渋野日向子が食べていたお菓子は(あくまで画面から確認した限りですが)、よっちゃん食品工業の「よっちゃん タラタラスティック」(タラタラしてんじゃねーよ スティック・エスニック風味)と思われます。

最終日の15番、16番ホールで「タラタラしてんじゃねーよ」をむしゃむしゃと食べ続けた渋野日向子は、これで俄然パワーが付いたのか、最終18番ホールで見事にバーディパットをねじ込み、日本人として42年ぶりの海外メジャー制覇を決めています。

「タラタラしてんじゃねーよ」は、「よっちゃんイカ」でお馴染みのよっちゃん食品工業の人気商品の一つ。

主な原料は魚肉、でん粉、たん白加水分解物などで、スティックタイプであるためボロボロせずに食べやすいことも特徴となっています。調味料として豆板醤、醗酵調味料、食塩、醤油、かつお節エキス、唐辛子などが使われており、お酒のつまみにもいいでしょうね。

ちなみに、よっちゃん食品工業は山梨県中央市に本社を置く企業。岡山県岡山市出身である渋野日向子の故郷の銘菓というわけではないようです。

試合後の公式記者会見で「好きなお菓子」について記者から質問を受けた渋野は、「え~ひとつに絞れないんですけど…なんじゃろ」と悩んだ末に「よっちゃんイカ!」と答えており、よっちゃん食品工業の商品の大ファンであることを明かしています。また羽田空港で行われた帰国会見で今食べたいお菓子を質問された際には「梅昆布が食べたい」と答えています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑